youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

0題字
暑い暑い7月ですが
涼やかな音色を奏でる風鈴の季節になりました

仲間と出かける金曜日
猛暑日の予報で日中のお出かけは控えましょう!

テレビで伝えていました

家に閉じこもっているとフレイルになりそうなので・・・
出かけました

1荒川
池袋からバスに乗って
随分走りましたよ~

荒川を超えました

2参道
足立区「西新井大師・参道」
古くから
おみやげや食事処が並ぶ風情ある参道
この暑さで人影はまばらです

3仁王様
「山門」
江戸時代後期の建立
両脇に金剛力士像を祀っています

4塩地蔵
「塩地蔵」
白い塩を被ったお地蔵様は
イボ取にご利益があるといわれ
お参りする際は
お堂でいただいた塩を患部と同じ箇所に擦り込みます
もし
功徳があればその倍のお塩をお返しするんだとか・・・
まさにお塩の倍返し!

5水洗い地蔵
「水洗い地蔵」
信仰すると
十種の福徳が授かり
特に長寿にご利益があるそうです
有難や!

8風鈴2
御本堂前の御簾の中で
涼やかな音色がしてきます

7月5日~7月21日まで
西新井大師風鈴祭りが開催されています

ここでは
風鈴の販売もしていますので
売れてしまって数が少なくなるそうなので
初日に来ました!

どれも結構いいお値段ですよ

6風鈴
藤棚の下の「風鈴」
涼し気な色合いの風鈴が並んで揺れています


「西新井大師風鈴祭り」
江戸風鈴・九谷焼や有田焼の風鈴・南部鉄風鈴
趣向を凝らした風鈴が涼し気な音色を奏でています

ちょっと聴いてみてね

7池
藤棚の前の風情ある小さな池
滔々と小さな滝から水が流れ出し
湧き水も豊富な様子

ミソハギが咲き
大きな錦鯉が悠々と泳いでいます

西新井大師本堂へ

9庭の花


10ヤマユリ
我が家の庭のヤマユリが一気に咲き出して
今日は11輪咲いています

友人の八ヶ岳の森からやってきたヤマユリです

暑さのせいでしょうか?
花は小さめ

暑い東京の狭い庭に
ようこそ!
大歓迎しています

0題字
日比谷公園には2つの池があります
心字池と雲形池

私が特に好きなのが雲形池
都会にいることを忘れてしまうようなエリアです

1雲形池
「雲形池と鶴の噴水」
緑豊かな自然に囲まれて
外からは見ることができないぐらい

2ガマ
水辺に生えている「ガマ」
ソーセージに似た花穂

ガマ越しに鶴の噴水を見ていたら
トンボが目の前に止まってくれました
今シーズン初のトンボを撮りました

3池一周
駒形池を一周して・・・

ビジネス街の緑のオアシス
駒形池は小さな池ですが
見る角度によって雰囲気が違って見えるのが好き!

4マオ蘭
駒形池から一歩反れると
季節の花が咲き
現実の世界に引き戻されます

5ノーゼンカズラ
「ノーゼンカズラ」
生い茂る葉に
オレンジ色の花をたくさん咲かせて風に揺れています

6帝国ホテル
日比谷公園をほぼ一周して
日比谷門から出て
有楽町駅まで街歩き

帝国ホテルの花壇が綺麗です

7渋沢栄一
新一万円札発行のこの日
写真で綴る
帝国ホテル初代会長「渋沢栄一」
帝国ホテルに展示されています

8ガード下
「有楽町ガード下」
昭和の面影がプンプン

地下鉄有楽町線で帰ってきました


0題字
この時期の
日比谷公園は百合の花の開花と
もう一つの楽しみ
第一花壇にある「アオノリュウゼツラン」です

1ペリカン噴水
緑の芝生の第一花壇の東側に
一対のペリカンが水を出している
「ペリカン噴水」
周囲には
季節の花が咲き誇っています

2リュウゼツラン
「アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)」
30年~50年に一度花が咲くといわれている植物

結実後は枯れてしまう
「一回結実植物」で
花茎の高さは7~8mにもなります

今年は蕾がついているとの情報で
もう咲いているかな?

高い所の花をズームしましたが
残念!
まだ蕾でした

気を取り直して
第一花壇の花めぐり~

3アガパンサス紫
「アガパンサス」
濃い青紫色の大輪の青
この色のアガパンサスは初めて見ました

4アガパンサス白
白色の「アガパンサス」
清楚で涼しげですね

5アガパンサスピンク
白とピンクが混ざった「アガパンサス」
珍しいです

6アガパンサス小
小型の花の「アガパンサス」
花色も淡い紫色です

花火のような咲き姿のアガパンサス
梅雨時を潤す花です
種類の多さに驚きました

7バラ
日本初の「洋風近代式公園」の日比谷公園には
約60種・670株のばらが植栽されています

数は少なくなりましたが
咲き残りのバラの花が綺麗でした

8サンタンカ
日比谷ミッドタウンが聳える
第一花壇の花は
赤・白・ピンクのペンタスの花

9人口芝刈り機
広い芝生の上を進む
電動芝刈りロボット
音もなく静かに働いています

10噴水
「大噴水」
木々に囲まれた噴水広場の中心にあります

噴水周りの池の直径は30m
中央の噴水は
12mほどの高さまで水しぶきをあげています

ベンチに掛けてしばし噴水を見上げました

11紫陽花
噴水広場の木陰に咲く紫陽花
色合いが渋くなってきました

13キキョウ
松本楼の脇に咲く
「キキョウ」
淡いピンクと紫色の花は八重でした

雲形池へ

0題字
2020年東京オリンピックを記念して
日比谷公園に百合ロードが造られ
今年も見頃を迎えています

1花壇の花
日比谷公園の「有楽門」から入りました
バラや夏の花が迎えてくれます

2心字池
「日比谷見附跡・心字池」
伊達政宗らが構築した
「日比谷見附跡」の石垣が残されています

心字池は
かっての江戸城の堀の名残りを
一部残したものだそうです

3ユリ園
百合ロードは
雲形池~霞門にかけて続きます

約28種類のユリが咲き誇っています

4白ユリ
真っ白な大輪の花を咲かせているのは
「カサブランカ」
ゆりの香りが森の中に漂い・・・酔いそう!

5白ユリ八重
八重咲きの白ユリがたくさん咲いています
オリエンタルハイブリッド
「ホワイトアイズ」

6ピンク百合
妖艶なピンク色に染まった一画は
今が見ごろ

7黄色ゆり
赤い絵具で筋を入れたようなユリ
数は少ないものの目立っています

8コオニユリ
「コオニユリ」
小さく見えますね~

9紫陽花
ガクアジサイの咲き残り

百合ロードは
2020年の開園当時と比べると
規模が縮小した感じでちょっと寂しかったわ

第一花壇へ

0題字
新潟県糸魚川は初めて訪れました

糸魚川ジオパークは
糸魚川全域がジオパークとして認定されています
24のエリアがあり
「月不見の池」もその中の一つです

1ボケ封じ観音
「ボケ封じ月不見観音」
月不見の池へ行く手前にあり
ほぼ全員お参りしました

お賽銭を弾んでみましたが・・・お利益があるかしら?

5月不見の池
「月不見の池」
鬱蒼とした樹木に絡まる藤の蔓
巨岩などに囲まれた地形で
水面に映る月の姿が見えない池らしい

6藤
月不見の池は
藤の名所として知られています
藤棚や巨木に絡まった藤が見られます

2木立つ岩2
「巨岩」が
池を取り囲んでいます
大立石・小立石といわれる岩塊が見られます

3木立岩
岩と岩の間は狭く
閉所恐怖症の方は無理ですね

四国霊場八十八箇所巡りを模して
巨岩群の中の石仏像を巡ることもできるそうですが
ほんの少し巡っただけでギブアップ!

4五聖殿
「五聖殿」
遥か高い所にある石仏

7ギボウシ
「ギボウシ」
薄暗い樹木の下にギボウシの花がひっそりと咲いています

今回のツアーはここで終わりになる予定でしたが
時間があるとのことで
ガイドさんがサービスに
塩の道を案内してくれました

8天津神社
「天津神社」
塩の道沿いにあり
糸魚川の地の産土神として崇敬されてきた神社

「けんか祭り」と呼ばれる
春大祭は有名だそうです

ネジバナがかわいい!

9塩の道
「塩の道」
越後糸魚川と信州松本を結ぶ約120kmの生活の道で
塩を中心とした生活物資の輸送が行われました

その名残を見ることができます

10牛繋ぎ石
「牛繋ぎ石」
北陸道と松本街道の分かれ道付近にあった石で
「追分石」とも呼ばれています
西性寺の境内に復元されています

11塩の道起点
此処が塩の道の「起点」です
目の前には日本海が望めます

糸魚川は
2016年12月に大火に見舞われ
その片鱗も見られました

12糸魚川駅
「糸魚川駅」から
北陸新幹線で帰ってきました

たった二日間だけの旅でしたが
盛りたくさんの行程で楽しめました

一日目(栂池自然園)14.388歩
二日目(糸魚川ジオパーク)18.676歩
あまり若くない団体でしたが
落伍者もなく皆さん頑張りました
感謝!

↑このページのトップヘ