youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2014年02月

イメージ 1
 
 
 
鎌倉は午後から気温が上がり
 
マフラーや手袋はもういらない
 
身軽になって
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
道路の上で交差した大きな木は
 
「ビャクシン」の木
 
樹齢何年でしょうか
 
ここをくぐると
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
荏柄天神社の赤い鳥居
 
急な階段を上がって行きます
 
荏柄天神社は
 
福岡の太宰府天満宮
 
京都の北野天満宮と共に三天神社と称される
 
古来の名社です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
日当たりの良い階段の途中
 
ミツマタの花が迎えてくれました
 
ここのミツマタは行儀が悪いというか
 
自由に伸びているというか
 
あっち向いたりこっち向いたり
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
朱塗りの本堂は
 
鎌倉の建築物の中で唯一鎌倉時代に建造されたもの
 
国の重要文化財に指定されています
 
徳川幕府によって
 
鶴岡八幡宮若宮の本殿が移築されたといわれています
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
本殿前の紅梅は鎌倉で一番早く咲くそうよ
 
もう満開!
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
「かっぱ筆塚」
 
漫画家清水崑が愛用した絵筆を納めるために建設したもの
 
筆を担いだ河童の絵が彫られた石碑です
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
「絵筆塚」
 
清水崑の遺志を継いだ横山隆一らが建立したもの
 
漫画家154人による
 
河童のレリーフが飾られた筆形の塚
 
大きいでしょ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
行きはバスに乗りましたが
 
帰りは鎌倉駅までブラブラ歩きました
 
鎌倉の街は起伏があって足にきますよ
 
道の傍らにある八重の水仙に励まされて
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
鶴岡八幡宮はここで手を合わせて
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
若宮大路の花壇やお店を覗きながら
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
鎌倉駅から湘南新宿ラインで池袋まで乗り換えなし
 
鎌倉へも近くなりました
 
鎌倉に詳しい友人の名案内で楽しい散策でした
 
約17,000歩 ちょっと痩せるかなぁ?
 
鎌倉名物「鯵の押し鮨」をお土産に帰路につきました
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
古都鎌倉は豊かな自然と
 
奥深い歴史や文化を同時に楽しむことが出来ます
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
瑞泉寺から鎌倉宮へ向かう途中
 
大きなマンサクの木に黄色の花が踊るように
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
足元には可憐な花すみれ
 
歴史や史蹟を訪ねるブラブラ旅
 
温かな日差しに包まれて気持ちがいい!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
鎌倉宮の大鳥居が見えてきました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
鎌倉宮(大塔宮)は後醍醐天皇の皇子
 
「護良親王」をお祀りする神社です
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
本殿の周りには寒桜が鮮やかに咲き誇って
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
悠久の時を伝える安らぎの杜
 
樹齢100年以上の楠の杜が広がっています
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
本殿の後ろ手に残る土牢
 
護良親王が9か月間幽閉され最期を遂げられた所です
 
中を覗いてみたら結構広かったよ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
「村上社」
 
窮地に立った護良親王を救うため
 
「我こそは護良親王ぞ!」と身代わりとなって
 
自刀したという村上義光を祀ってあります
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
緑の杜に咲く色の濃い紅梅が綺麗でした
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
花粉症の方は見たくないでしょう
 
鎌倉にも杉の木が多いです
 
杉の花芽が生長して
 
もうすぐ花粉を飛ばしそう
 
 
 

イメージ 1
 
 
鎌倉瑞泉寺の黄梅が満開になったと
 
友人が調べてくれて一緒に行ってきました
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
鎌倉は春のような陽気
 
写ガール三人娘???で
 
瑞泉寺~鎌倉宮~荏柄天神社を歩いてきました
 
観光地鎌倉は標識の案内板があちこちに
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
「瑞泉寺山門」
 
瑞泉寺は鎌倉随一の花の寺
 
紅葉の名所として知られています
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
瑞泉寺本堂前の黄梅は江戸時代からの古木
 
牧野富太郎博士によって「黄梅」と名づけられたそう
 
珍しい花です
 
初めてみました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
花びらは退化して小さくなった五弁花
 
花びらに比べて雄しべが長いのが特徴です
 
淡黄色の梅の花は地味ですけど香りは強い
 
暖かい陽射しを浴びて咲き誇っていました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
境内にある白梅の古木
 
幹にはウメノキゴケがはびこって
 
白い幹のようです
 
鎌倉市内より2度ほど温度が低い所なので
 
梅の開花は遅いようです
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
紅梅は8分咲き
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
早春の花福寿草が
 
境内のいたるところで顔を出して
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
瑞泉寺には
 
「どこも苦地蔵堂」「天女洞」「吉田松陰留跡碑」など
 
歴史的建造物が多く
 
たくさんの人が訪れて
 
観光案内人の話に耳を傾けていました
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
普通のお家と間違えるような佇まいの
 
レストラン「凛林」でランチ
 
瑞泉寺のすぐ近くにあります
 
中国精進風料理
 
丁寧な造り
 
お洒落な盛り付け
 
和室でゆっくり美味しい料理を頂きました
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
クリスマスローズの世界展会場では
 
クリスマスローズをアクセントに
 
たくさんの寄せ植えが飾られていました
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
ハンギングバスケット&コンテナガーデン
 
英国王立園芸協会日本支部による制作品は
 
目を見張るほどの素晴らしさ!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
限りない組み合わせ
 
色とりどりの組み合わせ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
ハンギングバスケットの中の小さな花
 
春を先取りして可愛く咲いています
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
小さなすみれたちは可憐さを演出
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
コンテナガーデンを彩る春の花
 
ユキヤナギにスノードロップ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
緑に白にピンクの組み合わせ
 
このピンクのお花は何かしら
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
水仙の配置が素晴らしい!
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
原種シクラメンは小さくて小さくて
 
たくさんの品種を紹介していました
 
 
あ~~もどかしいわ
 
私が感動した半分もお伝えできませ~ん
 
春を先取りした美しい花たちに感激して
 
乙女のようなときめき (*^_^*)
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
昨日友人の写真展へ行く前に
 
サンシャインで開かれている
 
「クリスマスローズ世界展」を観てきました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
最終日の日曜日でしたので
 
混雑を予想してお昼頃会場へ入りました
 
サンシャインシティ-はすごい人出でしたが
 
クリスマスローズ展は比較的すいていて
 
ゆっくり見ながら撮影を楽しめました
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
「そっと春の訪れ」
 
原種や交配種の美しい花がずらりと並んで
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
凛々しくも可憐に咲く花
 
たくさんの花が寄り添って咲く様は
 
仲良し家族のようね
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
つぼみと一緒に撮るとまるで親子のよう
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
プロフェッショナルが創る花たちの集い
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
緑の花びら
 
全国各地の育種家が育てるオリジナルな花たち
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
希少品種や独自の交配種
 
育種家ご自慢のクリスマスローズ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
フリルのような八重の花
 
さまざまな表情を楽しめます
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
小さなクリスマスローズ
 
小ぶりながらしっかりした花姿でアピールしてる
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
極小のクリスマスローズ
 
お顔を覗くと立派なシベが
 
 
クリスマスローズはキンポウゲ科の花
 
ヨーロッパから西アジアにかけて約20種
 
中国に一種あるそうです
 
日本のクリスマスローズは殆どが園芸品種です
 
それにしても華やかで凛としてさく花たちに
 
寒さを忘れて春を満喫しました
 
 

↑このページのトップヘ