youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2014年07月

イメージ 1
 
 
 
築地市場の場内、場外を歩くこと約二時間
 
だんだん荷物が重くなって
 
足取りも重くなってきた
 
でもでもまだまだ築地の街を歩きた~い!
 
築地市場内には神社が二つありました
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
「魚河岸水神社」
 
築地市場の守護神として
 
「水神さま」と呼ばれて親しまれています
 
大漁、海上安全、子孫繁栄を祈願します
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
「波除稲荷神社」
 
航海安全、災難除け、厄除けの神様です
 
毎年6月には伝統の
 
「つきじ獅子祭」が盛大に行われるそう
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
待望のランチは
 
東京の台所「築地」の表玄関に構える
 
「さかな竹若」築地本店で
 
巨大生けすが自慢のお店だそう
 
新鮮な魚料理に舌鼓
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
ツアー参加者25名は静かな個室でゆっくりのランチ
 
私たち仲間は8名参加で賑やかでした
 
美味しいお料理でパワー復活!
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
晴海通りと新大橋通の交差点
 
「築地4丁目」
 
交差点を渡ると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
「築地本願寺」
 
浄土真宗本願寺派の寺院
 
京都西本願寺の直轄寺院だそうです
 
何といっても
 
著名人の葬儀が多く執り行われることで有名ですね
 
読経が始まっていてお参りしました
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
料亭「新喜楽」
 
厳めしい門構えと高い塀に囲まれた
 
老舗の高級料亭です
 
芥川賞 直木賞の選考が行われる場所として
 
知られています
 
ノーベル平和賞を受賞した
 
佐藤栄作元首相が脳溢血で倒れたのもこのお店
 
口が堅いことで政財界人に
 
安心して使われているそうです
 
 
この辺りには
 
朝日新聞社 築地癌センターなどもあります
 
そうそう浜離宮恩賜庭園も近いですよ
 
午後から浜離宮に行こうかと朝のうちは言っていましたが
 
荷物がいっぱいでもうギブアップ
 
大江戸線でゆっくり座って帰りました
 
 
 
 
 

イメージ 12
 
 
プロが買い付けに来る「場内」は
 
ちょっと敷居が高い感じ
 
ガイドさんなしでは入りにくそう
 
それに比べて「場外」は庶民の市場
 
一般客や観光客で賑わっています
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
大江戸線の築地駅を上がると
 
朝八時半なのに
 
暖簾の下はもうお客さんがいっぱい
 
何だかいい匂い!
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
場外には安くて美味しいお寿司屋さんが並んでいます
 
長い行列のお店
 
最近テレビで紹介されたお店だそう
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
職人さんのグッズのお店 長靴の種類にびっくり
 
海鮮丼のお店 迷わずこれだって
 
気さくなカウンターのお店 
 
外人さんも下町情緒に浸っているわ
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
かつを節専門店
 
こだわる人はここで買うそうです
 
(ガイドさんお勧め)
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
卵焼き屋さんがずらりと並んでる
 
築地名物の卵焼きを買いました
 
このお店は芸能人(名前忘れた)のお兄さんのお店だそう
 
一緒にいった友人の情報です
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
ドライフルーツの試食!!!
 
どれも美味しいわ
 
特にトマトが・・・
 
いっぱい試食して立ち去るわけにはいかないよ~
 
よりどり3袋で¥1000 お買い上げ~
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
ガイドさんお勧めのマヨネーズ
 
本当に美味しいって
 
重いから帰りに買おうと思って忘れちゃった
 
残念無念!
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
消しゴムもマグネットもお寿司の形
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
元女優さんの嫁ぎ先は佃煮屋さん
 
お姑さん?と一緒にお店に出て人気者らしい
 
なるほど 美人でした
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
「早い 旨い 安い」が売りの吉野家
 
明治32年この魚河岸で牛丼店を開業したそうです
 
元祖 吉野家はここ
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
鰻の「はいばら」前は行列が出来ていました
 
この日は土用の丑の日
 
ひとりで並ぶのは嫌だけど
 
みんなで並べば怖くない(笑)
 
20分並んで予約して
 
1時間後に鰻をゲットヽ(^。^)ノ
 
 
庶民の台所築地場外は楽しかったよ
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
爽やかな一日
 
友人達と「築地魚河岸ガイドツアー」に参加してきました
 
施設の老朽化、狭いなどの問題が持ち上がり
 
豊洲への移転が検討されています
 
昭和10年開業の築地市場を
 
この目で見ておきたいと思い参加しました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
大江戸線一本で行ける築地は意外に近いです
 
「築地インフォメーションセンター」で
 
ガイドさんから説明があり
 
4名に一人のガイドがついて出発!
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
築地市場は「場内」と「場外」と呼ばれるエリアに
 
1000店以上の専門店が集結しています
 
10時ごろ まず築地「場内」へ
 
築地場内の入口です
 
車の出入りが激しくごちゃごちゃしています
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
水色の屋根がぐるりと輪のようにあるのが
 
「場内」の建物です
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
「場内」は
 
仲卸業者の店がづらりと並び
 
早朝からプロの業者が仕入れに来るところ
 
午前中には店を閉めてしまいます
 
一般人(素人)でも買い物ができるんですよ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
場内は「食と魚のテーマパーク」のよう
 
高級魚や珍しい果物が並んでいます
 
ガイドさんの計らいでフルーツの試食をしたり
 
有名店の説明を受けたり面白いです
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
今日は土用の丑ね
 
愛知県三河一色産のうなぎが鎮座している
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
早くもマツタケ!!!
 
中国雲南省産のマツタケですって
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
マグロの競り市がここで
 
もう終わっていましたけど
 
一段と冷え冷えとした空間でした
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
冷凍マグロの解体作業
 
電動のこぎり?で
 
カチンカチンの冷凍マグロが
 
あっという間に柵になっていきます
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
解体されたマグロの頭が
 
あちこちに置かれていて
 
ぎょ!っとしたけどすぐに慣れちゃった!
 
マグロの頭肉ノーテンは美味しいんですってね
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
魚をさばく刃物は大切ですね
 
店終いのときに
 
ピカピカに研いでいましたよ
 
ちょっと怖~い!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
大きな氷が一瞬のうちに砕けて出てきます
 
氷屋さんも魚河岸ではなくてはならないものね
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
場内市場の荷物運びは
 
ターレーと呼ばれる電動リヤカー?
 
そして昔からの大八車のようなもの
 
床にはバシャバシャと水が流れていたり
 
狭い通路を乱暴にターレーが通ったり
 
結構危ないですが活気が伝わってきます
 
 お仕事中ですからお邪魔にならないように・・・
 
ガイドさんの案内で場内市場を初めて見学しました
 
明日は場外市場をご紹介しますね
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
パソコンで描く水彩画教室で光が丘へ
 
「花と緑の相談所」では「夏のフェア」開催中でした
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
「花と緑の相談所」は
 
植物についての相談や
 
みどりに関する教室や展示会を催しています
 
室内の観葉植物が涼しげです
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
「夏のフェア」は
 
身近にいる昆虫や魚を紹介しています
 
夏休み中はたくさんのイベントが催されるそう
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
練馬区には
 
石神井川と白子川の二本の川が流れています
 
川の水質がよくなって
 
どじょう、ふな、はや、などを見ることができるそうです
 
水槽にはフナやメダカが元気に泳いでいます
 
植物に関する本を集めた
 
「調べものコーナー」もあり
 
小学生の夏休みの自由研究にお勧めのところです
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
外は爽やかな風が心地いい!
 
暑さは一休みって感じ
 
でも児童公園は人っ子一人いませ~ん
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
いました いました!
 
子供たちは水を求めて小さなプールで大はしゃぎ
 
夏休み中だけ水が豊富に流れるミニプール
 
団地の子供たちのオアシスです
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
バラ園では夏バラがわずかに残って咲いている
 
赤いバラばかり
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
パソコンで描く水彩画は
 
「水彩」というソフトでペンタブレットを使って描きます
 
絵心がなくても大丈夫よ
 
写真をトレースすることもできますし
 
何しろ絵具がふんだんに使えるし(笑) 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
「バレリーナー」を今日仕上げました
 
素敵な衣装の触感を描くのが難しかったです
 
お顔がきつくならない様に・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
近所の集会所で開かれた
 
「おはこ寄席」で笑ってきました
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
おはこ寄席は落語の好きな方たちが集まって
 
練習の成果をご覧いただく素人寄席です
 
もう今回で8回目
 
今日の出演者が勢ぞろい
 
 
昔 むかし・・・私が子供のころ
 
まだテレビがない時代の事よ
 
祖母が落語が好きでいつもラジオ寄席を聞いていました
 
耳から入る落語が
 
笑えて面白くて大好きでした
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
今日の演目です
 
古典落語を二、三か月でマスターされて
 
見事に演じられています
 
おなじみさんも多いです
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
ひょんな事からお知り合いになった
 
「なごみ亭 ポット」さん
 
普段はとても静かでニコニコされている
 
とても皆さんの前で落語を語るとは思えないわ
 
でも面白いのよ 人はわからないものね
 
ポットさんに勧められておはこ寄席の会員になり
 
以来おはこ寄席に通っています
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
常連の「十六夜亭上の空」さん
 
狐のお話でした コン!
 
出演者の方たちの名前がユニークでしょ
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
このお二人は声が良くて聞きやすい
 
元気を頂きました
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
端唄に都都逸に落語
 
お二人での掛け合いも面白い!
 
お三味線の音色がいいわ
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
お座敷の皆さんと三味線の伴奏で歌いました
 
「お座敷小唄」
 
♪好きで好きで大好きで
死ぬほど好きなお方でも
妻という字にゃ勝てやせぬ
泣いて別れた河原町♪
 
パチパチパチ!
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
おおとりは「二足亭三文」さん
 
まだお若いのに長いお話で面白かった!
 
皆さんお仕事の合間に練習されて
 
高座で笑いを誘う話術は素晴らしいです
 
涼しい和室で笑いのひと時は暑さを忘れました
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
集会所を出たら雨
 
随分降ったらしいわ
 
雨の後は涼しい冷気が流れて気持ちがいい
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
「ムクゲ」
 
暑さに参っていた花たちは
 
雨つぶをつけて嬉しそう
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
「野牡丹」
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
「ハナキリン」
 
小さな花を4つづつ咲くのが不思議ね
 
 
急な雨で植物たちは一息つけたでしょうね
 
気のせいか涼しく感じました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ