youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2014年11月

イメージ 1
 
 
 
「神田川をめぐる旅第四回目」
 
飯田橋~水道橋~御茶ノ水を歩いてきました
 
暖かい日曜日の午後
 
東京シティクラブの方のご案内で・・・
 
早いものです、もう四回目
 
同じメンバーが集まってGO~GO~
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
12時30分飯田橋駅集合
 
朝方は青空が覗いていたのに
 
午後になってお天気が悪くなり傘をさしてのスタート
 
JR飯田橋駅前は目白通りと外堀通りの交差点で
 
大久保通りの起点でもあります
 
この交差点の直下で神田川は大きく曲がっているそう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
この辺りの神田川は淀んでいて流れを感じません
 
水も綺麗ではあません
 
カワウが一匹
 
寂しいねぇ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
「三崎橋ごみ中継所」
 
文京区 千代田区 中央区の一般家庭の不燃ごみの中継所です
 
ここから船で毎日4~5回
 
羽田沖の中央防波堤まで運ばれるそうですよ
 
船運が現役で活用されているとは驚きでした
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
「小石川後楽園」
 
江戸時代初期に水戸徳川家の上屋敷があったところ
 
築山泉水回遊式の都立の日本庭園です
 
神田上水の分流を引きいれて造園されています
 
小石川後楽園の入口の紅葉が綺麗!!!
 
たくさんの人が訪れていましたが
 
今日は入口だけで中へは入らない !(^^)!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
小石川後楽園の長い築地塀が続きます
 
塀の御紋は「六葉葵」だよ
 
水戸の黄門様といえば
 
「この紋所が目に入らぬか!」 と
 
三つ葉葵のついた印籠を差しだしますよね
 
実は裏紋と称される別の御紋があるそうです
 
この小石川屋敷から六葉葵を施した瓦の破片が出土したことから
 
庭園を囲む築地塀の瓦に六葉葵の紋が使われているんですって
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
築地塀の周りも赤や黄色の錦の世界です
 
高層ビルが紅葉を眺めている?
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
小石川後楽園は国の特別史跡・特別名勝に指定されています
 
三つ葉葵の御紋と六葉葵の御紋が見えますね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
「讃岐高松藩上屋敷庭園跡地」
 
ここは明治28年
 
甲武鉄道の飯田町駅が開設された場所
 
その後貨物駅となり平成11年営業を終えました
 
山手線内最後の貨物駅だったそう
 
今ではJR貨物の本社や「アイガーデンエア」等の
 
複合施設になっています
 
昔の線路が残されているのよ
 
ここで休憩をとりました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
飯田橋駅を出発して約1時間半
 
水道橋に来ました
 
東京ドームシティのホテルや観覧車
 
東京ドームのある後楽園を横目に見ながら
 
御茶ノ水目指して神田川を歩いていきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
サラリーマン並みのランチで元気回復
 
皇居外苑 二重橋を見ましょうと案内の友人のアドバイス
 
行きましょう!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
「和田倉噴水公園」を通って
 
 
この公園は昭和36年
 
天皇皇后陛下ご成婚を記念して造られたもの
 
紅葉を背景に真っ白な大噴水が高く上がって
 
あらっ・・・虹がかかっているわ
 
噴水の水はお濠の水を濾過して循環使用しているそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
噴水公園の一角にある滝風噴水とモニュメントは
 
平成7年
 
皇太子殿下のご成婚を記念して造られました
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
滝風の噴水がミストに変わって
 
虹と噴水とミストの饗宴です
 
プレゼントを頂いたようで嬉しい!
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
御幸通りを渡って
 
 
御幸通りは通称「行幸道路」と呼ばれ
 
皇居前広場と東京駅を一本の広い道路で結んでいます
 
一般車両は通っていません
 
銀杏並木が美しいです
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
よく手入れされた黒松林
 
約2000本あるそうですよ
 
東京湾に浮かぶ小島に見立てた島々に植えられている
 
開放的で荘厳な雰囲気ですが
 
どうしてこんなに曲がっちゃったの???
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
皇居前広場に来ました
 
何年ぶりかしら?
 
 
広場手前に見えるのは巽櫓その奥は富士見櫓
 
下の写真は坂下門
 
右側の水色の屋根は宮内庁庁舎です
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
「正門石橋」
 
明治20年の建造の二重アーチ構造で石で造られています
 
よく二重橋と間違われます
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
ここが二重橋!
 
正門石橋の奥にあります
 
新年や天皇誕生日の一般参賀時には正門が開放されて
 
許可なく渡ることが出来ますが
 
今日はダメ!
 
二重橋は鉄橋で昭和39年に架け替えられています
 
橋桁は二重ではないですね
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
突然!
 
車の音がしてサイドカーが数台走ってきました
 
広場をぐるぐる廻って
 
デモンストレーション
 
皇宮警察の観光客へのサービスかしらね
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
「楠正成像」
 
二重橋を正面に見据える楠正成像です
 
別子銅山開坑200年記念事業として献納されたもので
 
住友家が東京芸大に制作を依頼して
 
同鉱山の銅を用いて10年を費やして完成したものです
 
威風堂々 立派ですね
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
「松地蔵」
 
昔々の事だったとさ
 
掘り起こされた当時
 
お地蔵さまには頭がついていなかったそう
 
「自らの身を投げ出して人々をお守りになったお地蔵さま」
 
ではないかと
 
頭と社が造られ皇居外苑黒松林を望む一角に
 
「松地蔵」と名つけられ手厚く祀られています
 
可愛いお顔!!!
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
秋の陽はつるべ落とし
 
皇居外苑を一回りして
 
日比谷通りを眺めたらもう太陽は傾き始めていました
 
この辺りは海抜2.7mですって
 
昔は海だった?
 
ちょっと信じられませんね
 
有楽町から地下鉄で帰ってきました 
 
 
 

イメージ 1
 
 
 
 
皇居東御苑は広いです
 
面積は21万haあるそうですけど
 
ちょっと想像がつかないですね
 
本丸跡から汐見坂を下って
 
二の丸庭園へ
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
黄葉した樹木と松の緑がマッチして
 
空の青さも加わって
 
錦絵のごとき風景に感嘆の声をあげました
 
二の丸庭園は
 
九代将軍家重の時代の庭絵図面をもとに
 
池泉回遊式庭園として復元されています
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
二の丸池は
 
小堀遠州作といわれる庭園の池水と同じ位置にあるそう
 
池には3つの水源があり
 
小川を流れ一つに合流して菖蒲田を潤して
 
池に注いでいます
 
赤 黄色 緑の美しい世界!!!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
長い尾ひれをなびかせて優雅に泳ぐ鯉は
 
「ヒレナガニシキゴイ」
 
今上陛下のご発案により
 
インドネシアのひれ長鯉と日本の錦鯉を交配して生まれた
 
国際色豊かな鯉は華やかでした
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
「二の丸雑木林」
 
昭和天皇のご発意により
 
都市近郊で失われていく雑木林を復元しようと
 
三年かけて造成されました
 
平成14年に拡張された新雑木林には水の流れもあります
 
上も下も錦に包まれて
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
真っ赤に染まった「ニシキギ」
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
サザンカやヤブツバキが華を添えて
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
「ボケ」の花まで真っ赤に染まっちゃった~(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
珍しい花「キチジョウソウ」
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
「光のスぺクタル」
 
雨上がりの強烈な太陽の光
 
皇居の風景は光のいたずらで不思議な世界が出現!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
約3時間の皇居散策
 
たくさんの綺麗な紅葉のお土産を貰って
 
大手門から現生の世界に戻りました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
もうお腹ペコペコ
 
大手門前のパレスホテルの地下の
 
サラリーマンがいっぱいのお店
 
それも男性ばかり
 
ソフトドリンクも野菜サラダもパウンドケーキも
 
ご自由にどうぞ・・・のお店だったわ
 
ちょっと気が引けたけど
 
5人全員ビールで乾杯!
 
 
午後からは和田倉噴水公園~皇居外苑へと・・・
 
まだまだ元気が残っておりま~す
 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
 
小春日和の素晴らしい晴天
 
雨上がりの皇居東御苑を友人たちと歩いてきました
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
皇居大手門前へ着いたのはまだ8時半前でした
 
ビジネス街大手町は朝日がさして
 
ビルの陰と明るい光のコントラストが綺麗!
 
大手門からお堀端を歩いて
 
大手濠緑地へ
 
「和気清麻呂」像も紅葉の中に
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
お堀の白鳥はあっちに一羽
 
こっちに一羽
 
かなり離れた所にいます
 
仲よく並んだ姿が見たかったわ
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
お堀に美しい影を映す大銀杏は
 
「震災銀杏」と呼ばれています
 
大正12年9月の関東大震災によって
 
辺り一面焼け野原になった都心で奇跡的に生き残り
 
その後の区画整理でこの地に移植されました
 
当時の人々に復興への希望を与えたそう
 
樹齢150年を超える大銀杏です
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
平川門が見えてきました
 
毎日ビルの前の紅葉が見頃です
 
お堀にその姿を写して
 
うっとりするような美しさ
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
平川門も通過して
 
竹橋を渡って
 
北桔梗門から9時開園と同時に東御苑へ入りました
 
皇居東御苑は
 
皇居東地区の旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を
 
皇居附属庭園として昭和43年9月に完成したものです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
入るとすぐに「天守台」に
 
一番乗りだ~~
 
誰もいない!
 
青い空が眩しいです
 
江戸城天守閣は三度建て替えられましたが
 
明暦(1657年)の大火で焼失した後は
 
天守台石垣が築きなおされただけで再建されていません
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
天守台の前に広がる芝生広場は
 
大奥跡です
 
ユニークな建物「桃華楽堂」は
 
音楽好きの香淳皇后さまの還暦記念として
 
昭和41年2月に完成した音楽堂です
 
テッセンの花びらを形どった屋根と
 
八面体の珍しい建物です
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
紅葉した大きな樹木の下は
 
ツワブキの群生地
 
もう盛りを過ぎていましたが
 
最盛期にはさぞ綺麗でしたでしょう
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
大きな10月桜の木
 
高~いところに可愛い花が咲いています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
「ムラサキシキブ」
 
紅葉した葉と紫の実
 
趣があります
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
「ヒメリンゴ」
 
青空に真っ赤な小さな実が映えます
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
展望台からの眺め
 
大手町のビル群と紅葉する木々の対比が素晴らしいです
 
 
坂を下って二の丸庭園へと歩きました
 
明日にね
 
 
 
 

イメージ 7
 
 
 
 
冷たい雨が降り続く一日でした
 
植物に恵みの雨は一日で充分です
 
もううんざり
 
暖かいお日さまが恋しい!!!
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
ドウダンツツジの紅葉が美しいです
 
春に咲く愛らしいつぼ型の花が
 
夜空の星のように見えるので満天星と書きます
 
花の命名は可哀そうな名前がありますけど
 
満天星は素敵ですね
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
クチナシの実が紅葉(笑)してるよ
 
だいだい色がだんだん色づいて
 
美味しそうな色
 
お正月のきんとんの色づけに出番を待っています
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
色づいた木々の下で
 
マンリョウの実が赤くなってきました
 
光沢のある緑の葉と赤い実のコントラストが美しい
 
お正月の縁起木として親しまれています
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
咲き残りの?クレマチス
 
ちょっとびっくりね
 
小さめの花が愛らしいです
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
何の種かしら?
 
ニラ(ユリ科のハナニラ)の種のようです
 
白い花火のような可愛らしい花の・・・老後の姿(失礼!)
 
でも風情があるわ
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
今日の気温は一月中旬の気温ですって
 
風も強くカッパ着ての自転車は大変でした
 
秋のお天気は気まぐれですね
 
 
 
 

↑このページのトップヘ