youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2016年03月

イメージ 1



「皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜け」

今年も乾通りの桜が一週間一般公開されました

昨日のテレビで今日31日までと知りました

主人に行きましょうよ~と声をかけました

「行かない」とつれない返事

ではと・・・友人たちがつきあってくれました






イメージ 2


風もなく暖かな春の陽気

皇居前は予想通りすごい人出

並んで待つ場所が整備されて・・・さて・・・並びましょう






イメージ 3


どんどん行列は長くなります

どれぐらい時間がかかるかちょっと心配





イメージ 4



並ぶこと20分

列が動き出して

荷物チェックとボディチェックを受けて

(飛行機に乗るときのようでしたよ)





イメージ 5


「坂下門」から入場しました

昨年秋の紅葉公開の時に来ましたから

コースはわかっていましたが

桜並木の公開は初めてです






イメージ 6

宮内庁の前を通って





イメージ 7


「道灌濠」

徳川家康が江戸城を築く以前

室町時代に太田道灌が築いた城の外濠

武蔵野の面影を残す雑木林と野草が生い茂っています






イメージ 8

黄色いヤマブキが満開!






イメージ 9

大きな古木の垂れ桜は満開に近く美しい姿です






イメージ 10

「富士見多聞」も桜の花の中






イメージ 11

乾濠に沿って桜並木が続きます

ソメイヨシノはまだ6分咲き程度でした

桜の開花が遅れているので

一般公開を三日間延長したそうです






イメージ 12

警備の警察官の多いこと

ご苦労様です

写真を撮るのにはちょっとお邪魔虫ね <m(__)m>






イメージ 13

坂下門から約750メートルで乾門に

ゆっくり写真を撮りながら歩いて約30分です

76本の桜の木が植えられその種類は多いです

乾門から退出しました

春うららの陽気につられて

北の丸公園 千鳥ヶ淵 靖国神社へとお花見を続けました










イメージ 1



花冷えが続いていましたが

今日は春本番の暖かさ

花たちも喜んでいることでしょう






イメージ 2


「ジャノメエリカ」

繊細な枝に小さな花がびっしり

小さな花は可憐で個性豊かです

雄しべの葯が黒く目立って蛇の目のようにみえます






イメージ 3

ハナモモでしょうか

最近よく見かけます

つくつくと伸びた枝いっぱいに花を咲かせ

シベが長くかわいらしい花です






イメージ 4


「ベニバナトキワマンサク」

リボンのようなひらひらの花

トキワマンサクの変種だそう

ピンクに染まった生垣は見事です






イメージ 5


「ベニカナメモチ」

この時期は赤い花が多いな~と思っていたら

葉っぱまで真っ赤

レッドロビンともいわれ燃えるように真っ赤な生垣です

はっとするほど綺麗です






イメージ 6


今日の石神井川の桜情報(夕方5時半ごろ)

毎日夕方の散歩で石神井川の桜を見張っています (^^♪

この暖かさで一気に花開いて5分咲き

日当たりのよいところは8分咲きぐらい

花の密度がどんどん高くなってきます

満開になったら明るいうちにお花見をしたいと思っていま~す



イメージ 1


いよいよ春到来でしょうか

午後から暖かくなり お誘いをいただいていた

「Spring Concert」へ行ってきました

練馬区の施設で開かれた手作りコンサート

お若い出演者はプロの方ばかり

オペラ ミュージカル オペレッタ ディズニーミュージカルを

ソプラノ テノール バリトンで歌いあげます

会場いっぱいに響く歌声に酔いました

最後はみんなで

「エーデルワイス」 「見上げてごらん夜の星を」を歌って

楽しい時間を過ごしました

(撮影禁止でしたのが残念です)





イメージ 2


「唐澤博物館」

コンサート会場の近くにあります

建物がユニークでしょ

教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が長い歳月をかけて

収集した研究資料 約7000点あまりを展示する個人博物館です

日本の子供の教育と遊びを

江戸時代までその源流をたどりながら

わかりやすく紹介されています






イメージ 3


入口には

二宮金次郎像が建っています

私が小学校時代にはどこの小学校にも建っていましたが

最近ではとんと見かけなくなりました





イメージ 4


帰り道 花桃が満開でした

花を観賞するために改良された桃で花つきがいいです

ひな祭りの花ね

真っ赤な花桃と源平桃が並んで咲いている





イメージ 5


「源平桃」

赤と白の花が乱れ咲いています

三色咲きですけど

年によっては白が多かったり赤ばかりになったりするそう

花が競うように咲く様から源平の合戦のようです





イメージ 6


ピンクの花桃も咲き出して春をうたっています






イメージ 7


「江古田の森公園」の桜

国立療養所中野病院の跡地にできた中野区立の公園です

入口のソメイヨシノが綺麗に咲いていました

もう八分咲きぐらい

場所によって咲き加減がかなり違いますね

石神井川の桜はまだ3分咲きぐらいでしたよ




イメージ 1



大江戸街歩きの最終コース

聖路加病院旧病棟から築地本願寺へ





イメージ 2


「聖路加病院旧病棟」

チャペルや付属する旧病棟は

東京都選定歴史的建造物に指定されています

創立者 トイスラーの出身地

ボストンマサチューセッツ総合病院をイメージしたデザイン

ネオ・ゴシック様式の建物です






イメージ 3


緑の中にゴシック様式の建物が映えます





イメージ 4


「トイスラー記念館」

聖路加病院の宣教師館として昭和8年に建設

建物は明治初期には珍しい鉄筋コンクリート造り

一部木造の二階建て

ハーフティンバー風の意匠です






イメージ 5


「聖路加タワー」

ホテル棟とオフィス棟があり

連絡ブリッジでつながっている

ブリッジからの展望は素晴らしいでしょうね






イメージ 6


柳が芽吹き寒桜が咲くビルの谷間の公園

ガス灯風の照明塔がレトロな雰囲気を醸し出しています






イメージ 7


中央区のコミュニティバス

「江戸バス」って言うらしい





イメージ 8


「築地本願寺」

浄土真宗本願寺派のお寺

寺院というよりインド仏教の建物のイメージです

柱頭のデザインはインド風

二階の窓は日本の仏教寺院に見られる

花頭窓をモチーフにしています

外人観光客も多いです





イメージ 9


入口にはステンドグラス

内部は日本仏教風

著名人の葬儀が行われることでも有名です

建造物としての魅力もあり

独特の装飾を見る価値もあります


約三時間の行程

懇切丁寧なガイドさんの説明で楽しい街歩きでした





イメージ 10

遅めのランチは「すしざんまい」で

友人が予約してくれたので入れました

築地初セリで史上最高値でまぐろを競り落とした

あの有名なお寿司屋さんです

さすが築地のお寿司は美味しかったです

あなごは柔らかくてトロトロ

満足しました (#^.^#)




イメージ 1



築地市場の喧噪を逃れるようにして

勝鬨橋から隅田川に




イメージ 2


「勝鬨橋」

日本で現存する数少ない可動橋

今はロックされ跳開しない

かっては

橋の両端部のアーチ橋が中央部から開き船を通していました





イメージ 3


「隅田川テラス」

♪春のうららの 隅田川♪

気持ちいいで~す

隅田川の両岸に沿って整備された親水テラス

舗装や緑化が施され憩いの場 散策路の公園のよう






イメージ 4


テラスの花壇には春のお花がいっぱい!

堤防がレンガでできていてレトロな雰囲気






イメージ 5


ユリカモメも姿を見せて






イメージ 6


対岸は月島

お月様だ~~

銀座・築地方面と月島を渡す

月島の渡し跡地があります





イメージ 7

「勝鬨の渡し」

勝鬨の渡しは波除神社のあたりにあったそうです

住民や月島の工場へ通う人々の重要な交通機関でした






イメージ 8


♪のぼりくだりの船人が♪

観光クルーズ船や水上バスがひっきりなしに行き交います

♪ながめを何に たとふべき♪





イメージ 9


佃大橋が見えてきました

上を見上げれば

聖路加タワーが聳えています

階段テラスを上って

明治に外国人居留地が置かれた

西洋文化と関わりの深い明石町へ





イメージ 10

「築地カトリック教会」

趣のある聖堂は

東京都選定歴史的建造物に指定されています





イメージ 11

「明石小学校」

築83年を迎えたやさしいデザインの

コンクリート製小学校の校舎

創立100周年を超え現在も使われています





イメージ 12


「慶應義塾発祥の地」

福沢諭吉が蘭学塾の教師に就任したことに始まります

慶應義塾発祥の地記念碑が建っています

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

文字が刻まれています






イメージ 13


「芥川龍之介生誕の地」

明治25年この地の牧場経営者の長男として誕生したそうです






イメージ 14


「浅野内匠頭邸跡」

このあたりは赤穂藩主浅野家の江戸上屋敷があったところ

忠臣蔵で知られる浅野内匠頭は切腹し

この領地などは取り上げられて赤穂藩は断絶しました


明石町は

慶応義塾の他 立教大学 明治学院など

数多くの大学発祥地でもあります

明治二年に築地居留地が設けられ

文明開化の中心地だった明石町近辺は興味津々です





↑このページのトップヘ