youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2017年02月


イメージ 1

染の小道から10分ほどの所にある

「林芙美子記念館」

昭和16年から昭和26年まで

 47才でその生涯を閉じるまで住んでいた家です

この写真は

急逝の直前にNHKラジオの生放送に出演した時のものです





イメージ 2

新宿区中井にある林芙美子記念館

四の坂通りの入口にあります





イメージ 3

入口の鉢植えには春の花が咲き誇っています






イメージ 4

「茶の間」

林芙美子の建てた家は

客間より茶の間や風呂、台所に工夫とぜいを凝らし

住み手の暮らしと安らぎを第一に考えて建てられました

愛用品も展示されています





イメージ 5

庭に面した「書斎」

ここで

「放浪記」「浮雲」などの作品が生まれたのでしょうね





イメージ 6

イメージ 7

山野草がお好きだったそうです

日当たりの良いお庭には

「ユキワリイチゲ」が群生しています





イメージ 8

「福寿草」も顔を出しています






イメージ 9

「スノードロップ」が可愛く咲いています

花は外側に大きな花びらが三枚

その内側から顔をのぞかせるように小さな花びらが三枚

花姿は雪のしずくのようにも

耳飾りのようにも見えますね





イメージ 10

記念館の格子門や蔵は

染の小道の会場になっています

染の小道のお祭りで入場料は半額でした





イメージ 11

林芙美子記念館前の四の坂の階段

長い階段の上は住宅街になっています

ミモザと河津桜が咲いているお宅

昨年も伺い奥様とお話をしました


前日のテレビで染の小道開催中であることを知り

最終日に駆けつけ午後のひと時を楽しんできました


イメージ 12


明日から北海道スキーに出かけます

ブログの更新を三日間お休みします



イメージ 1



江戸文化を醸成した染色技術

伝統技術を継承していく体験コーナーが開かれています




イメージ 2

地域の方たちにも染に親しんでもらおうと

小学校で当日体験できる

「千人染」

千人の方々の手で染め上げられた一反の反物




イメージ 3

型を使って一つ一つ染め上げます

写真を撮っているお兄さんも染めていましたよ

こうした地道な作業で伝統技術は受け継がれていくのですね





イメージ 4

「街を丸ごと染物で飾る」

街自体をギャラリーに見立てたイベント

中井駅前の商店街はたくさんのお店が出て賑わいます




イメージ 7

手作り感があって素敵でしょ

藍染の手ぬぐいは色が落ちない特徴があるそうです

シンプルなデザインが好きだわ






イメージ 5

大正ロマンがそこかしこに見られて楽しいです

声をかけると

ほら こんな素敵な笑顔を見せていただけます




イメージ 6

着物に使われる染色の技術で

店舗の「のれん」を染めた作品が116枚!

「道のギャラリー」





展示されている「のれん」は

制作者がお店と相談しながら

この日のために染め上げたオリジナル作品です

各お店のイメージにそったのれんが揺れる「道のギャラリー」

様々な伝統技術を使った技法の見本市のようです



イメージ 1


落合・中井の街を染物で彩る三日間

「染の小道」

落合・中井周辺には かって多くの染物屋さんがあり

川で反物を洗う姿は街の風物詩でした

今では10数軒ほどなりましたが

手描き友禅や江戸小紋、紅型などの

染色のプロが集う街として健在です





イメージ 2

地下鉄大江戸線で二駅

「中井駅」で降りました

最終日の今日は日曜日とあって若者の姿が目につきます

和服姿の若者が闊歩しています

パンフレットを頂いたお嬢さん

着物に羽織にマフラー 足元は靴だった!






イメージ 3

妙正寺川の川面に反物が並ぶ

「川のギャラリ-」

約300mにわたり

小紋や友禅、地元の小学生が染めた「百人染」など

たくさんの反物が飾られ風にそよいでいます





イメージ 4

川のギャラリーは鮮やかです

「かっての街の姿を思い起こしてみよう」

周辺の染織工房や商店街の方たちの

メッセージが込められています





イメージ 5

妙正寺川に架かる「さかえはし」

欄干の模様が素敵!






イメージ 6

妙正寺川の上の方に架かる橋からの眺め

フェンスが邪魔ね

川のギャラリーが一望できます





イメージ 7

フェンスの隙間からズームして

川面に映る反物の影が美しいです

風で反物が揺らぐと川面も光りながら揺らぎます







かっては妙正寺川の水で反物を洗うのが日常茶飯事

うっかり反物を流してしまうと

川下の染色業者が流れ着いた反物を

すすんで湯のしをして届けたそうです

反物を届けるとお礼に

一升のお酒が届くという習慣があったそう

そんな街の様子が目に浮かびますね



イメージ 1


2月もあと3日

寒さも次第に和らいでいきます

今日もほんの少し暖かさが戻った感じ

珍しい花を見かけて小躍りしました





イメージ 2

「レウイシア」

可憐な花が咲いていました

ネット検索で「レウイシア」のようです

多肉植物のような草姿

造花のような華やかな花を咲かせる多年草

北アメリカのロッキー山脈~カリフォルニアにかけての

山地の岩場などに自生する高山植物です

多分園芸品種だと思いますが始めて見た花です





イメージ 3

薄紫色の花に濃い紫色の萼?

春に咲くムラサキハナナにちょっと似ていますが違うようです

名前はわかりません

色合いが素敵でしょ

これも始めて見た花です

珍しい花を見かけた時は子供のようにはしゃぎたくなります

(^◇^)





イメージ 4

ユキヤナギが咲き出しています

まだまだ雪をかぶったようではないですけど

小さな純白の花は目立ちます





イメージ 5

鉢植えのチューリップが今にも花開きそう

我が家のチューリップはまだ土の中です

植え付けが早かったのでしょうか


街中でも春が近いことを実感できるようになりました




イメージ 1


今日はまた冬に戻ってしまったわ

北風が冷たく自転車で走っていると涙で前が見にくい

まさにこれからは三寒四温を繰り返して

少しづつ春を呼ぶんですね





イメージ 2

先日の暖かい日

あるお蕎麦屋さんの店先に置かれた大きな黒い鉢

早春の彩りが詰まっている

春の香りもするよ





イメージ 3

「マンサク」

小さい花びらは4枚

茶色い4枚の萼片とのコントラストが美しい

春の早い時期にまず咲くことからマンサク

ねじれたリボンのような花が枝いっぱいに咲く様子は

不思議な美しさです





イメージ 4

「ソシンロウバイ」

蝋細工のような梅に似た花

透き通るような花びらが可愛いです





イメージ 5

「ネコヤナギ」

毛におおわれた尾状の花穂は猫のしっぽのよう






イメージ 6

これは何の花でしょうか?

鉢の根元をしめるようにたくさん咲いていました





イメージ 7

小さな花壇には福寿草

もう緑の葉っぱが出ています





イメージ 8

傍らの椿は赤に白の斑入系

控えめな優しさを感じます


お蕎麦屋さんの店先は春がいっぱい!

ぎゅっと凝縮した春が大きな鉢に詰まっていました



↑このページのトップヘ