youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2017年03月

イメージ 1



城山カタクリの里の斜面を下ばかり見て歩き

カタクリや山野草をカメラに収め

林を抜け頂上らしき平地に出ました





イメージ 2

あたりの景色は一変しました

春うらら~な彩り

優しい色合いの春の花が競って咲いています





イメージ 3

「ヒカゲツツジ」

淡い黄色の可憐な花が咲きほころび

色相から慎み深い花の風情に心惹かれます





イメージ 4

「桜玄海つつじ」

鮮やかなピンクの色に目を奪われます

玄海つつじと桜つつじの自然交雑種だそう

花が桜の形のよう

自然の不思議を感じるわ





イメージ 5

「ヒュウガミズキ」

大きな木が黄色に染まって・・・

魚のうろこが重なったような形の花がぶら下がっている




イメージ 6

「ミツマタ」

ちょっと不気味な不思議な形

ハチの巣がぶらさがっているよう

派手な色のミツマタは園芸品種でしょうか




イメージ 7

「姫こぶし」

こぶしより小さな花でした





イメージ 8

「朴半椿」

日本原産の園芸品種で蕊に特徴がありますね





イメージ 9

「ウグイスカグラ」

鶯の鳴く時期に咲く可愛い花




イメージ 10

「陽光桜」

「里桜」と寒緋桜」の交配種

ソメイヨシノより少し早く咲き色が濃く花が大きく

ふんわり柔らかな花びらが魅力的です

あちこちで咲いていました




イメージ 11

「キブシ」

ぶどうのような形の花がいっぱい垂れて

壮観な眺めで~す





イメージ 12

「アブラチャン」

小さな黄色の花が集まって咲き

実から油がとれるそう

広々として明るい平地には

春の花が咲き乱れ美しい光景が広がっていました


イメージ 1



城山カタクリの里は野草の宝庫

可愛らしい雪割草から

見たこともない珍しい山野草がたくさん見られます

でもよ~く目を凝らしていないと見逃します





イメージ 2

春の花の中でも一番早く咲く雪割草

まだ雪が残っているうちに咲き出し長く咲きます

日本海側、特に新潟県の林床に自生します





イメージ 3

雪割草の変異の豊かさに驚きます

白 赤 紫と大別される色の豊かさ

おしべ めしべが全て花弁化した千重咲き

一部が花弁化した二段咲き 三段咲き

同じ花とは思えないような変化が見ていて楽しいです





イメージ 4

雪割草の種類の多さは

人工的に作られたのではなく

自然界に昔から存在していたものだそう

あまりのバリエーションの多さに唯々驚きました






イメージ 5

「菊咲き一華」

一本の花茎に一つだけ花をつけるので一華

菊の花に似ています

別名 菊咲き一輪草




イメージ 6

「星咲き一輪草」

紫の花芯にピンクの花びらがとっても可愛い!





イメージ 7

土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なもの

「春蘭」

淡い色が春の花らしいですね





イメージ 8

「ヨゴレネコノメ」

ネコノメソウの仲間

初めて見た花です





イメージ 9

「コシノコバイモソウ」

春に花を咲かせ実を結ぶと茎は枯れ休眠状態に入る

ちょっとクリスマスローズに似ていますね





イメージ 10

「オオバキスミレ」

主に日本海岸の多雪地帯に分布する日本固有種のすみれ






イメージ 11

「エンレイソウ」

三片のはっきりした紫色の花

大きな葉に小さな花





イメージ 12

「イワナシ」

小さな果実は梨のような甘味があり食べられるらしい




イメージ 13

「大岩うちわ」

花は小さな釣鐘形でフリルのようで可愛いです





イメージ 14

たくさんの山野草が並ぶ売店

どれも可愛い! みんな欲しくなるわ





イメージ 15

雪割草を育てている方から頂いた

雪割草の切り花 可愛いでしょ

株を肥やすために花は切られてしまうのね


カタクリと同じ林床に咲くたくさんの山野草

一気に春が訪れたような素敵な出会いでした

地際の小さな花ばかりなので這うようにしたり

立ったり座ったりで足腰が疲れました



イメージ 1


やっと春らしい日差し

待ちかねたように友人達と出かけました

「城山カタクリの里」

中央道~圏央道を走って「高尾山IC」から15分ぐらい

家から1時間半で着きました





イメージ 2

イメージ 3

城山カタクリの里は

個人所有の山林で

カタクリの咲く春のみ一般公開されています

開園早々駐車場はいっぱいです





イメージ 4

手入れの行き届いたカタクリは

冬の明けた春先の林の中を優しく彩ります

見頃を迎えたカタクリは

つつましく可憐な姿で春の日差しを浴び

たくさんのカメラマンがその姿を追っています

30万株のカタクリが植えられています





イメージ 5

林床に咲くカタクリ

陽の当たるときのみ開き

曇っていると開花しにくいデリケートな花です





イメージ 6

陽が射し気温が上がると

花びらは反り返り美しい姿になります

今年は少し開花が遅いようですがもう満開状態です





イメージ 7

「白花カタクリ」

非常に珍しい突然変異の白いカタクリ

数万株に一本の割合で咲くのだそうですよ





イメージ 8

黄色のカタクリを友人が見つけました

咲き出したばかりの美しい姿





イメージ 9

カタクリの花と同時期に咲く

「ショウジョウバカマ」

おもしろい形の花ね

猩猩は

中国の想像上の動物で猿のような顔で毛は紅色

花をこの猩猩に見立て葉を袴に見立てたそう





イメージ 10

「キバナセツブンソウ」

南ヨーロッパ原産の洋種セツブンソウ

色んな品種があります





イメージ 11

「福寿草」






イメージ 12

「リュウキンカ」

沼地や湿地を好んで咲く花

金色の花が光っている

たくさんの山野草が咲き春の花が咲き誇って

夢の世界のようです




イメージ 1



お天気は回復しましたが春の陽気にはまだまだ

朝からお日さまが顔をだし

午後には引っ込んでしまいました

桜の花に先駆けて

花桃は今開花の最盛期を迎えています





イメージ 2

団地の脇に花桃の木がたくさん植えられ

美しい姿を見せています





イメージ 3

花を観賞するために改良された花桃

艶やかなピンクの優しい風情の花桃が人気です





イメージ 4

赤色の花桃

桃は中国で災いを除き福を招くとされてきました

日本への渡来は古く弥生時代といわれています

古くから親しまれてきた花です





イメージ 5

枝垂れ桜かと思いましたが

枝垂れ梅でした

枝垂れ桜のつぼみはまだ固いです





イメージ 6

「紅梅」

色鮮やかな紅梅

三月になって咲き出す種類だそう

花はとっても小さいです



イメージ 7



三月もあと三日

桜のシーズン4月はもう目の前

今年は何処の桜を愛でようかと楽しい想いを巡らせています




イメージ 1



二日続きの雨は冷たい雨でした

「花冷え」にしては桜が咲いていない

「寒の戻り」とでもいうのでしょうか

関東地方には朝方雪がチラついたそう

お彼岸が過ぎたというのにね

咲き出した春の花たちには試練ですね





イメージ 3

2~3輪づつかたまって

枝を覆うようほどたくさんの花を咲かせる

「ニワウメ」

小さな花はキリッとして長い雄しべが目立ちます






イメージ 4

このニワウメは花がいたって小さく可愛いです

花が梅に似ていて庭木として植えられるので

「ニワウメ」になったそう







イメージ 2

これも「ニワウメ」?

小さな花が集まって真っ白!

雪のよう





イメージ 5

野の花も咲き出しました

「ハルジオン」

春に咲く紫苑

道端で見かける野草ですが目を見張るほど可愛いです





イメージ 6

空き地に群生している

「ホトケノザ」

階層状の葉っぱ 唇形の花

早春に咲き出して今が盛りです





イメージ 7

「オニタビラコ」かな?

タビラコの仲間はたくさんあって見わけが難しいです





イメージ 8

「ノゲシ」?

可憐な野草が春に一斉に咲き出します

野草好きな友人に大分教わりましたがまだまだです

可愛い花を見つけても???って感じ

少しづつ覚えていきたいと思います



↑このページのトップヘ