youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2017年04月

イメージ 1



柔らかい春の光がそそぐ赤塚植物園

野草の小道の植物は寒い冬をじっと耐えて地上に顔を出し

春を謳歌しているように見えました

森の中に一段と華やかな一角があります






イメージ 2

緑に囲まれた小さな「ぼたん園」に

大きなぼたんの花が唐傘の下で微笑んでいる






イメージ 3

私の顔より大きい?

ぼたんは中国原産

元々薬草として栽培されていたものが

観賞用に園芸植物として栽培されるようになり

品種改良され豪華な花になりました





イメージ 4

「百花の王」 「花神」とも呼ばれるぼたんの花

豪華な花は

周りの風景にそぐわないほど艶やかで派手でした





イメージ 5

「ゴヨウツツジ(五葉つつじ)」

ぼたんの花とは対照的な雰囲気ね

枝先に五枚の葉が輪生状につき白い花は楚々としている

別名 シロヤシオ





イメージ 6

バナナのような甘い香り

「カラタネオガタマ」が咲き出しています

香りと共に独特な雰囲気の花ですね





イメージ 7

「オオアマナ」

ユリ科の球根植物

キリッとした綺麗な花なのに有毒だそう





イメージ 8

「エビネ」

常緑のラン科の植物で目立たない!





イメージ 9

「ミヤコワスレ」

紫色の可憐な花

名前と色が好きです




イメージ 10

「ヤブレガサ」

春、山地の木陰から葉が出てくるとき

破れた傘のような形になるのが名の由来です

破れた形が見られるのは10日間ほど

平らに葉が開いてもう今は破れていない

ユニークで面白い植物ね




イメージ 11

珍しい昆虫が・・・

テントウムシのような形

春ですね~





イメージ 1



今日は「昭和の日」

昭和天皇の誕生日で

「激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み

国の将来に思いをいたす」日ですって

今日からゴールデンウィークの始まりでしょうか

ゴールデンウィークに関係がない身なので

なんの計画もありません

お天気がいいので自転車であっちへこっちへ寄りながら

板橋区赤塚植物園へ




イメージ 2

赤塚植物園の園内は緑一色で美しい光景です

緑の中に真っ白な花

「ウワミズサクラ」が満開

穂状に小さな花が咲き木全体が雪をかぶったよう

小さな花びらは桜の形をしていますが

遠目にはとても桜とは思えません





イメージ 3

野草の小道も緑一色

足元に目を凝らすと小さな花たちが

「こんにちは!」って





イメージ 4

「ギンラン」

林内に生える多年草

茎は高さ10cm~25cm

池の畔にギンランの群落があり80株ぐらいあります

東京都の絶滅危惧Ⅱ類に選定されています





イメージ 5

「ニリンソウ」

ちょっと遅すぎました

ニリンソウの季節は終っていて残念!

ほんの数輪咲いていました

板橋区の花はニリンソウ

ここにはニリンソウの群生地があります





イメージ 6

「ヤマブキソウ」

ニリンソウと仲良し?

ニリンソウと同じ時期に同じ場所で咲いています

山吹に似ているところから「ヤマブキソウ」

別名 草山吹





イメージ 7

「踊子草」

花の形が

笠をかぶった踊り子に似ています

森の中で見かけると輪になって踊っているように見えます




イメージ 8

「アマドコロ(甘野老)」

花はぶら下がるようにして二個づつ開花します

若芽はゆでて食べられるそう





イメージ 9

「ワニグチソウ」





イメージ 10

「キバナホウチャクソウ」





イメージ 11

「イカリソウ」

4枚の花びらが中に蜜をためる距を突出し

錨のような特異は形をしています





イメージ 12

「シライトソウ」

ブラシのような白い花穂

白い糸のような花びら





イメージ 13

「マイヅルソウ」

ハート型の葉っぱに白い小さな花

葉の模様が家紋の舞鶴紋に似ていることから「舞鶴草」





イメージ 14

野草の小道の入口に「サクラソウ」が植えられて

大切に育てられています

昨年より花数が増えたように思います

野草の小道は小高い山にあり

坂道で立ったりしゃがんだリ

スクワットでもしているような運動量で~す




イメージ 8



練馬区では

美しい花とみどり豊かな住みよい街づくりを進めるため

昭和46年4月 区のシンボルとなる花と木を公募し

花には「つつじ」 木には「コブシ」を選定しました

街中ではつつじの季節を迎えました







イメージ 1

モチツツジ 「花車」

ひと際目につくのが花車です

花車はモチツツジの園芸品種

花弁が細く薄紫色の大型の花がたくさん咲き華やかです





イメージ 2

家の垣根や街路樹の下や公園でつつじが満開です

ここにも あそこにも







イメージ 3

つつじは日本原産の種類を中心に改良され

その種類は多いです






イメージ 4

色も豊富! 大きさも色々!






イメージ 5

「西洋オダマキ」

花の形が変わっていて面白い!

園芸品種がたくさん出てきてびっくりします





イメージ 6

苧玉に花の形が似ています

「苧環」感じで書くと難しいね

別名 糸繰草





イメージ 7

花の色も形も微妙に違います

西洋オダマキはヨーロッパ原産の多年草

忘れていても季節になると毎年花を咲かせてくれます

花盛りの季節は心ウキウキ気もそぞろで~す


イメージ 1



春を象徴する桜が終わってしまった今

まさに見頃を迎えようとしている

「藤の花」

近場で見かけた藤の花は優雅で美しいです





イメージ 2

あるお宅の藤の花

家の南側と東側のブロック塀を覆い隠すように

藤の花がぶら下がっています

見事です!






イメージ 3

小さな公園に咲く藤の若木

花房は短いものの花数は多く初々しいです

藤は日本古来の花木といわれ

万葉集にも詠われています

うすい紫色で藤色の色名はこれに由来します






イメージ 4

公園の藤棚で咲く白い藤

あたり一面いい香りがします

紫色より香りが強い感じがしました

藤はつる性のマメ科の植物

つるが右巻きの藤は「藤」または「野田藤」

つるが左巻きの藤は「山藤」 「野藤」と呼ばれます

植物学者の牧野富太郎博士が命名されました

春のほんのひと時を

華麗に咲いて楽しませてくれます



イメージ 1


地元の平成つつじ公園が見頃になりました

ここは良く通るところ 通るたびに

まだだわ もう少し ・・・と外から覗いて待っていました





イメージ 2


練馬駅前 文化センターの横にあります

晴れていないのが残念ですけど

600品種 10.000株のつつじが綺麗に咲いています






イメージ 3

緑に囲まれた公園

ハナミズキが咲きだしています

久留米つつじを中心に

霧島つつじ 平戸つつじ 野生種 など多彩です





イメージ 4

大株の「小蝶の舞」

九州久留米地方で栽培された品種

小さな花を枝先に多くつけ

一斉に咲きまるで蝶が舞うようです





イメージ 5

「宮城野」

色が素敵ね!

別名 キリシマツツジ






イメージ 6

「裾濃の糸」

久留米ツツジの紫色系の代表品種

小輪多花性で華やかです





イメージ 7

「麒麟」

パッションピンク色の綺麗な花の久留米ツツジ

園内は久留米ツツジが多いです

この公園を造るとき

つつじの収集、栽培は久留米市に協力を依頼したそうです





イメージ 8

近くの保育園の子供たちが遊びに来ていました

園内はしばし運動場と化し

走る!走る! きゃぁ~きゃぁ~歓声あげて・・・

元気いいな~





イメージ 9

ケーブルテレビが取材に来ています







子供たちの歓声をお聞きください

嬉しそう! 楽しそう!

園内のつつじを撮っていたのに

いつの間にか子供たちの姿を追っていました



↑このページのトップヘ