youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2017年05月

イメージ 1



恩賜箱根公園は「旧箱根離宮」跡地に広がります

「塔ヶ島」と呼ばれ芦ノ湖に突出した半島の形をし

皇族の避暑と外国からの賓客のための離宮が造られましたが

関東大震災などによって倒壊したそうです





イメージ 2

手入れが行き届いた生垣が美しい園内

公園の周りには

箱根関所跡や箱根神社 旧東海道杉並木等の名所が点在します





イメージ 3

樹木の木陰にミヤコワスレが群生し

その楚々とした姿は情趣に満ちていました





イメージ 4

イメージ 5

かっての離宮を思わせる

「湖畔展望館」

箱根離宮の資料が展示されています

湖畔展望館前中央広場ではバラの鉢植えが展示され

彩り豊かな空間です

二階バルコニーからの眺めは素晴らしいです






イメージ 6

富士山を正面に芦ノ湖を見下ろす素晴らしい景観

霊峰富士と芦ノ湖 外輪山がみごとに調和した

自然の展望はまさに絶景です





イメージ 7

「弁天の鼻展望台」

大パノラマが広がります

後ろ上方には駒ケ岳ロープウェイ駅が望めます






霊峰富士の眼下に広がる芦ノ湖

鏡のような湖面を観光船が行き交います

豪華な海賊船 スピードを上げるモーターボート

非日常の風景を楽しみました




イメージ 8

箱根山を下って

鈴廣かまぼこの里でランチ

小田原宿の市場の賑わいを再現した活気ある市場でお買い物

かまぼこ 干物 揚げ物 お土産満載です



イメージ 1



五月晴れの素晴らしいお天気

毎年恒例の「音楽喫茶アカシアバスの旅」に参加してきました

音楽家のオーナーがご案内くださる

「愛唱歌の歌碑」を訪ねるバスの旅です





イメージ 2

東名高速を走り「蛯名SA」で休憩

30数名の西武バスの旅

バスの中ではマイクを回して自己紹介

ほとんどの方が「愛唱歌の会」の方たちです

オーナー手作りのプリントを見ながらバスの中で

懐かしい童謡を歌います





イメージ 3

「めだかの学校」の歌碑

小田原市荻窪用水親水公園にあります

荻窪用水の小川がモデルで

作詞家茶木滋によって作詞されました

めだかの住む小川に水を引く水車小屋が整備されています





イメージ 4

小川を散策しながらめだかを探し

小さなめだかを見つけて歓声があがりみんな駆け寄ります

茶木滋は小田原に疎開し終戦当時

この周辺で息子と交わした会話を基に詩を作られたそうです





イメージ 5

バスの中でめだかの学校を歌いながら

車窓を見ると小田原城が聳えていました





イメージ 6

萬丈の山 千仞の谷を越えながら

バスは箱根の山を登っていきます

「箱根の山は天下の嶮」で始まる

「箱根八里」の歌碑が恩賜箱根公園にあります





イメージ 7

「箱根関所」が芦ノ湖畔にあります

一歩中へ入ると江戸時代にタイムスリップしたような感じ





イメージ 8

「入鉄砲に出女」を厳しく取り締まったことで知られます





イメージ 9

箱根関所からの富士山

頭に薄い雲を頂きまだまだ白い帽子を冠って

芦ノ湖の先に聳えています






めだかの学校や箱根八里の唱歌を歌いながら

バスの旅はすすんでいきます




イメージ 1



石神井公園には石神井池と三宝寺池があり

武蔵野三大湧水地として知られています





イメージ 2

「三宝寺池」

三宝寺池の一部は

国指定の天然記念物である「沼沢植物群落」です

古来より武蔵野台地から地下水が湧き出ていましたが

現在では人工的に地下水から揚水しています

池の水が汚いことが気になりました





イメージ 3

三宝寺池のまわりは木道になっていて

大木の下を歩くのは涼しく気持ちがいいです






イメージ 4

木道の周りでたくさん見かけた白い花







イメージ 5

山法師も咲き出して・・・





イメージ 6

「コウホネ」

長い花茎の先端に一つだけ黄色い花を咲かせて

根茎が骨のように見えるそう





イメージ 7

睡蓮の咲く池は広くて花には近づけない

望遠で撮っていたら あらあら 

可愛いカルガモの雛たちが睡蓮の葉っぱの上をヨチヨチ

滑って歩きにくそう





イメージ 8

三宝寺池から流れ下る小川には子供たちが群れている

バケツの中を覗いたら

ザリガニがいました





イメージ 9

葦の繁みに何やら動いている

カルガモの雛がここにも

親鳥が少し離れたところで見守っています





三宝寺池は石神井川の主水源となっています

古来禁猟地であったため草木が良く繁茂して鳥類の楽園です

渡り鳥はもういません

カルガモ親子の楽天地のようです


三宝寺池を一周して

石神井公園駅を通り

35年間も通った懐かしいテニスコートの脇を走り

もうテニスを引退して7年にもなるんだわ・・・

ボールのはねる音が懐かしかった

午後から約3時間のサイクリング

自由気ままに走って気分爽快でした



イメージ 1



穏やかな日曜日

風もなく暑くもなく寒くもなく

お出かけ日和で~す

こんな日はサイクリングだ~!




イメージ 2

爽やかな風 気持ちいい!!

石神井川をどんどんさかのぼって・・・

雨が少ないからでしょうね

石神井川の水は流れがないくらい少ない

この辺りは桜の名所ですが今は緑が美しいです




イメージ 3

石神井公園へやってきました

深い緑に包まれた石神井池は静かね~~





イメージ 4

石神井池沿いの遊歩道

今日は日曜日なので歩行者天国になっていて

子供たちが縦横無尽に走っている





イメージ 5

公園内や遊歩道沿いは紫陽花が咲き始めています






イメージ 6

咲き始めの紫陽花の花は初々しい!

七変化をしながら梅雨時まで美しい姿を見せてくれます





イメージ 7

池の水辺にはキショウブがいっぱい




イメージ 8

ボート池は賑やかです

緑濃い柳の葉が水面につきそう





イメージ 9

船を櫓で漕いでいるよ

まさかね~?

この船はコンピューターを搭載した無線で動く船です

櫓の動きだけで進み櫓をこぐ音もするのよ

動画を見ていただくとリアル感がわかります






人の乗ったボートと

無線操縦の船が水面を行き交います

あまり若くないおじ様たちは無線で船を操縦

お若いお父さんは子供と一緒にボートを漕いでいます

それぞれに休日を楽しんでいます







イメージ 1


5月最後の週末

お天気が回復してお日さまの光が心地よいです

街の中は春の花と夏の花が混在して咲き

美しい光景に目を奪われます





イメージ 2

垣根全体にバラが咲きバラのウォールになっているお宅

毎年訪ねて見せていただきます





イメージ 3

まるでバラの館の風情です

何種類のバラがあるのでしょう

お聞きしましたら・・・わからないって!





イメージ 4

つるバラが多く丁寧に誘引してあります

屋根まで届いているバラも





イメージ 5

甘い香りが漂って

蜂や小さな蝶も群れています

お手入れが大変ですねと伺ったら

好きだから苦になりませんって・・・

すごいですね 尊敬しちゃいます







イメージ 6

バラの根元には

「アメリカナデシコ」

ナデシコが丸くなって咲き可愛いです

別名 ビジョナデシコ ヒゲナデシコ





イメージ 7

艶やかなゼラニウムもアクセントになっています





イメージ 8

バラの垣根の片隅に植えてある

「オリーブ」の木にも白い小さな花が咲いています

綺麗に花を咲かせて

枯れた花の始末に棘のある枝の剪定

好きとおっしゃっていましたがご苦労はありますね

見せていただくだけでは申し訳ないわ

甘い香りと綺麗な花のプレセント

来年も見せていただきに来ますね

ありがとうございました



↑このページのトップヘ