youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2017年07月

イメージ 1


昨日は7月最後の日曜日

ご案内を頂いていた「木版画展」

練馬美術館で開かれています





イメージ 2

木版画は版木に浮き彫りを施して

その図柄を紙の上に刷りだす技法

小学校で体験しました

繊細で温かみのある作品はどれも素晴らしいものでした




イメージ 3

練馬区独立70周年記念展

生誕150年記念 「藤島武二展」開催中です

こちらは有料ですが私は何と無料でした

シニアには優しい練馬区です

藤島芸術の作品や資料160点を紹介しています





イメージ 4

練馬美術館前に広がる天然芝の公園

「美術の森緑地」

動物をモチーフにした彫刻が20種類 32体

あちこちに潜んでいます

遊べるアートを謳っていて

おさわりし放題!





イメージ 5

久しぶりに訪れたので

動物たちを探して遊んじゃいました




イメージ 6

緑の大きな木全体が淡いクリーム色に染まった

「シマトネリコ」

我が家にもありますがこんなに花が咲くとはびっくりです




イメージ 7

主人が床屋さんで盆踊りがあることを聞いてきました

昨日の日曜日地元商店街の盆踊りが行われました

地元中学生の特別出演もあり賑やかです

夕食前に覗いてきました





イメージ 8

あら!!

いつもお世話になっている喫茶店の店長さんご一家

これから盆踊りに行くそうです

いつもとは全然違ういでたち

素敵な浴衣姿をパチリ!






商店街の盆踊りは広い場所がないのでしょう

何と斎場の庭で

やぐらもなし 

老若男女 お勤め帰りの人 みんなみんな踊っている

手作りの顔見知りの盆踊り

いつまでも続いていました



イメージ 1



有楽町から丸の内仲通りを歩いて

行幸通りへ





イメージ 2

行幸通りは

和田倉門から東京駅中央口までを結ぶ「特例都道」

天皇が行幸するために利用する道路として

行幸通りと呼ばれている広い道路です

福島県のアンテナショップや盆踊りのやぐらが見えます

ここで盆踊りをするのね





イメージ 3

2012年10月東京駅丸の内駅舎の保存・復元工事が完了

約100年前の東京駅の姿が再現しました

何度見ても美しい建物です

駅舎前のロータリーも整備が終わったようですよ





イメージ 4

2013年3月オープンした「KITTE」

日本郵便が初めて手掛ける商業施設

涼し気な夏バージョンです





イメージ 5

KITTEの屋上庭園からは

東京駅のホームが見下ろされ

山手線 京浜東北 東海道線 東海道新幹線が発車していきます

撮り鉄したいと思ったら閉鎖中でした

残念!





イメージ 6

東京駅前のランドマーク「新丸ビル」

クリスマスの時に来てそれ以来です

2007年4月竣工し商業施設フロアが一般開放されています





イメージ 7

浴衣を着た人たちについて行ってみると

街のゲストハウスとしての空間

丸の内ハウスである会社の夏祭り

盆踊りも始まりそう 盛り上がっていました!





イメージ 8

新丸ビル7階にあるテラス

東京駅が一望できます

東京駅を撮影できるビューポイントとして知られています

東京駅舎が完成したころは賑わっていましたが

今は静かなテラスです






2時間余りの丸の内散策

ビル内見学のはしごをしながら夏の丸の内を楽しみました

丸の内散策総集編のような動画です(笑)

午後から出かけ帰りは池袋で途中下車して

うなぎを買って遅まきながら土用のうなぎをいただきました

元気が出るかな?


イメージ 1



高級ブランドショップが建ち並ぶ

オフィス街を華やかにするストリート

丸の内仲通り

街路樹が美しく以外に涼しいです




イメージ 2

丸ビル 丸の内パークビル 新東京ビルなど

17のビルが建ち並ぶ丸の内のメインストリート

この時間帯は歩行者天国になっていました





イメージ 3

石畳や道の両側の道路沿いには

高級ブランド店やレストラン カフェ オフィスがあり

まるで外国の路を歩いている気分

工事現場の壁の絵が涼し気で素敵でした





イメージ 4

丸の内を象徴するゆとりの空間

「一号館広場」に隣接する商業施設

「ブルックスクエア」

2009年にオープンした丸の内の新たなランドマーク

三菱一号館美術館があります

オープンなカフェテラスでワインとピザで談笑する外人さん





イメージ 5

街歩きをしていて暑くなるとビルの中へ入って・・・

「明治安田生命ビル」

明治生命館は昭和期の建物としては初めて

国の重要文化財に指定されました

リニューアルされた明治生命館は一般公開されています





イメージ 6

通りのあちこちに

アートやモニュメントが現れます




イメージ 7

素敵なストリートで素敵なカップル

お幸せにね!





イメージ 8

オープンスカイバスは外人さんに人気です

二階建てスカイホップバスで行く

東京観光一日乗車券は乗り降り自由

夏はちょっと暑いわね

東京駅が見えてきました



イメージ 1



今日も曇り空

所用で有楽町まで出かけました

用事をすませて

ビジネス街の丸の内をぶらりお散歩してきました





イメージ 2

有楽町駅前の

「東京国際フォーラム」では

開館20年記念のイベント

「ゆかたでないと」 「ネオ屋台村」

国際フォーラムの地上広場で開かれています





イメージ 3

小さな森のような広場

浴衣で楽しむ大人の夏祭りをイメージして





イメージ 4

広場の細長いブースに屋台が並んでる

若者好みの屋台がずらり





イメージ 5

仕事帰りに浴衣に着替えて盆踊りを楽しみ

冷たいビールと屋台のおつまみで夏の夜を満喫するのかしら

浴衣での来場者にはビールを100円引きで提供するそうですよ

開催時間は午後3時から10時まで

昨日と今日の二日間です






イメージ 6

ステージもあります

津軽三味線のリハーサル中





イメージ 7

東京国際フォーラムは

大小8つのホール 34の会議室などからなる

総合的な文化情報発信拠点です

入口ではロボット君がお出迎え

前に立ち止まると話かけてくれます





イメージ 8

シンボリックなガラスのアトリウム

「ガラス棟」

巨大な舟形のアトリウム空間です

地上1階から7階までスロープで一周でき

4階から6階部分の空中ブリッジで連結されています





イメージ 9

ガラス棟にある

「太田道灌像」と「江戸城模型」

今はなき江戸城を築城した太田道灌

江戸城の方を見据えています

江戸城の模型は八十四分の一の大きさ

東京にお城がないのは寂しいですね




イメージ 10

「相田みつを美術館」

書家・詩人として

自分の書 自分の言葉を探求した相田みつをの

作品が展示されています


東京国際フォーラムの建つ敷地は

江戸時代には土佐藩・阿波藩の上屋敷があったところ

明治27年に東京府庁が移転以来

平成3年の都庁の新宿移転まで東京都庁舎がありました

周辺の大手町 丸の内 有楽町を含めた場所は

今では日本の経済、文化をリードする役割を担っています




イメージ 1


気温30度をきって涼しい!

どうしちゃったんでしょう

エアコンなしでいられます

午前も午後も出かけましたけど楽チンで~す

ホッと一息 暑さから解放されました






イメージ 2

夏野菜が旬を迎えています

スーパーの店頭ではないですよ

街中で見かけた夏野菜は都会では絵になります

「ゴーヤ」

色は緑と思っていたら白いゴーヤがぶら下がってる

珍しいわ 食べれるの?って聞いたら

食べれますよ お持ちなさいって 嬉しい!




イメージ 3

ヘチマだと思ったら

「冬瓜」ですって

冬瓜って畑に転がっているんものでしょ

高い柵にぶら下がっている冬瓜は初めて見ました





イメージ 4

夏野菜の代表

「キュウリ」

黄色の花と曲がったキュウリが同居している





イメージ 5

ピカピカのナス

たくさんぶら下がっている

紫色の花も実も大好き!





イメージ 6

ミニトマト

小さな花には小さな実が





イメージ 7

キウイも食べごろ




イメージ 8

ザクロの実

秋に熟すと赤く硬い外皮が不規則に裂け

赤く透明な多汁性の果肉の粒がたくさん現れる

酸っぱいですよね





イメージ 9

小さな観賞用?のザクロ

一人前に実がぶら下がっているけど

食べられないね

夏野菜はビタミンやβ-カロテンなどを含み

夏バテの予防効果があります

暑い夏を乗り切るためにも新鮮で美味しい夏野菜を

見るだけでなく積極的に摂りたいで~す



↑このページのトップヘ