youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2018年04月

イメージ 1


真夏のような4月の最終日
陽射しも強烈ね じりじりしてきます
衣服で調節できる私たちはいいですけど
花たちはびっくりしているでしょうね
高温のせいでしょうか
バラの花があちこちで咲きだしています
まだバラ園には行っていませんが
近場で見かけたバラの花が美しいです




イメージ 2

~バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが~
繁栄と愛の象徴
バラの花は花の女王さま



イメージ 3

バラは原種の数が多く
交配の歴史も古いため登録されている種類は
4万種以上あるそう
すごい!




イメージ 4

バラの種類は
1876年を境に以前古代バラと現代バラに分かれている
以前に作られたバラをオールドローズ
以後に作られたバラをモダンローズと呼ばれます




イメージ 5

甘い香り
可愛らしい花姿に魅かれます
棘があるのがバラの難点でしょうか




イメージ 6


イメージ 7

この一週間で出会ったバラの花
種類も色も姿も色々
まだ咲きだしたばかり
新鮮で美しいバラの花が咲き誇っています


イメージ 8


ゴールデンウィークが始まりました
今日 パソコン絵画教室で光が丘へ車で出かけました
車が少ないです 
いつも混んでいる道路もスイスイ
唯一大渋滞していたのが
光が丘公園の駐車場へ入る車の列でした



イメージ 9

教室のある団地の9階からの眺め
大 中 小の鯉のぼりが勢いよく泳いでいる
この写真はスマフォで撮りました
以外に綺麗なのに驚きました

明日からはもう5月ですね



イメージ 1


友人の山荘「ロスロリエン」を
午前中かけて巡り
たくさんの早春の花たちに出会いました
午後からは富士山や南アルプスが見える
絶景ポイントを案内して貰いました



イメージ 2

山荘からは清里も近いです
古民家風の趣のある佇まいのお蕎麦屋さんでランチ
そば粉100%のこだわりの十割蕎麦は絶品です
地元野菜のカレー鍋は珍味でした




イメージ 3

最初の絶景ポイントは牧場のあるところから
遠くには富士山
そして南アルプス連峰が見渡せます
3000m級の峰々が連なって
ダイナミックな山脈を形成しています




イメージ 4

次のビューポイントからは
美しい八ヶ岳蓮峰の姿が望めます
八ヶ岳主峰・赤岳
勇壮な姿はヨーロッパ・アルプスのアイガーに似ています




イメージ 5

屋根より高い鯉のぼり
遠くの山々と高さを競っている?
お庭の広いお宅の鯉のぼりは大きいね~




イメージ 6

ロスロリエンをお暇して
小淵沢インターへ向かう途中
八重桜が見事に満開になって美しいです
東京より一か月ほど遅い春です




イメージ 7

芝桜の絨毯
春真っ盛りです




一年ぶりに訪ねた森は魅惑的でした
森の妖精がいっぱい現れる森
時間いっぱい楽しみました

帰りは渋滞にあうこともなく
無事明るいうちに家に着きました



イメージ 1


友人の八ヶ岳の山荘
「ロスロリエン」は花咲く地の意味
J・R・R・トールキンの「指輪物語」などに登場する
エルフの国の一つだそう
まさに花いっぱいの早春の森は魅力的
東京では終わってしまった花たちが元気に咲いています



イメージ 2

「コバノミツバツツジ」
新緑の森の中でピンクの大株が映えます
雄しべが10本あるそうです





イメージ 3

「シャクナゲ」
大きな花が華やかに咲いています




イメージ 4

「ライラック」も満開




イメージ 5

「ドウダンツツジ」
森の中の満天星だわ~




イメージ 6

「白樺の花」
見たことがなかった白樺の花
落ちていたのを拾って友人が見せてくれました
え~~これが花?
茶色に垂れ下がった花は雄の花だそう
ミミズみたい!




イメージ 7

「ヤマブキソウ」
山地の樹蔭などに生えるくっきりした大きな花




イメージ 8

「クマガイソウ」
朝、着いた時は閉じていたのに
帰る頃には咲いてくれました




イメージ 9

「オオバナノエンレイソウ」
葉が3枚 萼が3枚 花びらも3枚
大きな花を上向きに咲かせます




イメージ 10

「エンコウソウ」
黄色い花を2輪づつ咲かせ
湿地帯で群生しています




イメージ 11

「ミツバツチグリ」
地下茎が栗のように丸いそう




イメージ 12

「関東タンポポ」
花の下にある外総苞片が直立している
西洋タンポポは退治しているそうです




イメージ 13

「桜すみれ」
すみれの中で最大の花を咲かせます
桜のように花びらの先端が切れ込んでいる




イメージ 14

可愛いすみれたち




イメージ 15

イメージ 16

野鳥たちのために餌台があちこちに設置され
部屋の中から観察できるのが楽しい!
「カワラヒワ」
ひまわりの種をくわえて上手に皮をむいて食べます




イメージ 17

「ヤマガラ」
上等な牛脂を召し上がっています
野鳥たちは食欲旺盛
幸せな鳥たちです


イメージ 1


標高約1000mの友人の森は新緑の世界
鶯が鳴いている 
足元には山野草があちこちに顔を出し
いらっしゃ~い!




イメージ 2

「シラネアオイ」
茎を長く伸ばして
その先に3枚の葉をつけ頂点に一輪の花を咲かせます
日本固有の1属1種の植物




イメージ 3

「ヤマシャクヤク」
咲き出したばかりの白い花
芍薬より小さく可愛いです




イメージ 4

「クサボケ」
ボケより背が低く枝に棘があります
オレンジ色の花は小さいよ




イメージ 5

「山桜」はもう終りに近い
小さな花と大きな樹木が同居して
上を見たり下を向いたり
自然の森なので花を探す面白さは抜群です
あった! え~何処?
みんなで駆け寄ります




イメージ 6

「イカリソウ」
船の錨に似ている




イメージ 7

「ニリンソウ」
サクラソウと仲良くしてる




イメージ 8

「ヒトリシズカ」
一輪だけ静かに・・・




イメージ 9

「フデリンドウ」
落ち葉の中から顔を出して
お日さまに「こんにちは」~
陽射しがないと筆先のようになって咲かない




イメージ 10

「ホソバノアマナ」
黄緑の線が素敵!




イメージ 11

「ワダソウ」
小さな小さな可愛い花
たくさん咲いていていっぱい撮りすぎました(笑)
花びらの先が小さく凹んでいるのが特徴
中山道の最大の難所「和田峠」にちなんだ名前のようです





イメージ 12

「アマガエル」がぴょんぴょん!
周りの環境・温度・湿度・明るさに応じて
保護色になると友人が教えてくれました




イメージ 13

森の中は花に混じって
わらびも伸びている
みんなでわらびを採って
山小屋で休憩中に友人がすぐに茹でてくれて
新鮮なわらびを味わいました
山の味 森の味 苦味もえぐみもなく
感激しながら頂きました




イメージ 1


昨日の大雨がウソのよう
朝からすっきり晴れて最高の行楽日和です
毎年春の訪れを待って訪問している
友人の八ヶ岳山荘・ロスロリエンを訪ねました




イメージ 2

朝7時パソコンの仲間4人で出発
中央高速道路「双葉サービスエリア」で休憩
ここは中央高速を走るときは必ず寄ります
展望台からの大パノラマを期待して
展望塔の階段を駆け上がりました




イメージ 3

見えました~!
頂上に雪の残る雄大な「富士山」
薄い白雲を背に神々しい姿です




イメージ 4

南アルプス連峰もこんなに綺麗に見えます




イメージ 5

これから行く八ヶ岳が目の前に



イメージ 6

双葉サービスエリアの醍醐味は
何といっても展望台からの
富士山・南アルプス連峰・八ヶ岳など
360度の展望が味わえることです
真っ青な空に一筋の飛行機雲
おまけみたい・・・




イメージ 7

途中2度の休憩をして
工事の渋滞に少し巻き込まれて
約3時間半で到着しました
2週間前まで東京にいた友人が迎えてくれました
わぁ~来ちゃいました~
車から降りるともうそこは新緑の世界です




イメージ 8

標高約1000mの地
ここはまだ早春の香りです
入口から森の中へ足を進めると
ピンクの絨毯が広がっています
ニホンサクラソウの群生が目の前に広がり
満開だわ~




イメージ 9

古くから日本人に親しまれてきたニホンサクラソウ
原種のニホンサクラソウを長年かけて増やして
見事な群生地に育て上げた友人
その苦労は計り知れません




イメージ 10

表情豊かな可愛らしい
淡いピンク色の花
日本の伝統文化が感じられる素敵な花姿です
このところの暖かさで一気に開花したそうです





イメージ 11

白花のサクラソウが一株咲いています
突然変異ではないかと友人は言っていましたが




イメージ 12

森の中は青空と新緑と山桜の競演です
今年二度目の新緑の季節に遭遇して
何と贅沢なこと
足元も頭上も花が咲き誇りなかなか前へ進めませ~ん



↑このページのトップヘ