youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2020年07月

conv0049
コロナ禍で自由な時間が出来て
自転車で回りたい所がたくさんあります
練馬区の南西の端にある武蔵関公園もその中の一つです

朝方は小雨が降っていましたが
午後からは晴れ間も見えるようになりました
暑くなると遠くまでは大変なので今のうちね
午後から自転車で武蔵関公園へ行ってきました



カモ
練馬区立「武蔵関公園」
遊歩道に囲まれた
ひょうたん型の大きな池「富士見池」のある公園
武蔵野台地の湧水によってできています
ボート池にもなっていて
カルガモがたくさんいます



幽谷の世界
武蔵野の面影を象徴する樹木が茂る園内
野鳥のさえずりも聞こえ
幽谷の世界を思わせます



小島
武蔵関公園の約半分の面積を占める池には
「葦の島」と「松の島」の二つの島があり
バードサンクチュアリになっています



広場
園内の遊歩道は自転車で走れます
鬱蒼とした樹木に囲まれた子供広場
練馬区の銘木が4本もあるそう



石碑
「松井如流」の書碑
練馬区に長くお住まいであった
書道家「松井如流」氏の作品を書碑に刻したものです



ネズミモチ
「珊瑚樹」
見上げるような大きな木に赤い房状の実がいっぱい!




西武新宿線
公園の北側には
「西武新宿線」が走っています
武蔵関駅と東伏見駅の間に武蔵関公園はあります



調整池
武蔵関公園の
ひょうたん型の富士見池は
石神井川の調整池になっています
我が家の近くを流れる石神井川をさかのぼっていくと
ここを流れ小平市まで流れていきます

武蔵関公園の南は武蔵野市
西側は西東京市に接する練馬区の端っこです

15年程前、バスと電車を乗り継いで来たことがあります
年取ってから自転車で・・・
コロナのせいだわ?


conv0038
キバナコスモスを見かけるようになりました
花期は6月~11月と長~い
原産地はメキシコ
日本には大正時代に輸入されたそうです




トキワ荘通り
昨日
「トキワ荘ミュージアム」からの帰り道は
サイクリングではなくポタリングで
あっちへこっちへと気の向くままに・・・



ポスター
豊島区の施設には
マンガのポスターが多いわ~




噴水
南長崎スポーツ公園の「じゃぶじゃぶ池」
この日は涼しかったのですが子供たちには関係ないね
コロナ禍を一瞬でも忘れられて和みます




キバナコスモス一重
花壇には「キバナコスモス」が咲き出し
暑い暑い夏の到来を思わせます




コスモス八重
八重咲きのキバナコスモス
赤色品種はサンセット
微妙な色の変化が見られて楽しいです




コシジミ
サンセットに
小さな蝶(ヤマトシジミ)のお客さん



ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモンのダンス!




金魚


今日は比較的涼しい一日でした
東京のコロナ感染者、最多の367人ですって
どうしましょう?




zoom

「パソコンを楽しむ会」では
教室で二回 「ZOOM」の体験勉強をしました
そして
リモートワークではなくリモート遊びを今日楽しみました




Acaciazoom2
初めてそれぞれの自宅から参加して遊びました
背景が色々でいいでしょ
都合の悪い方やうっかり忘れてしまった方などありましたが
参加者6人で40分間リモート遊びをしました
八ヶ岳の山荘から参加した仲間もいます
みんな笑顔できゃっきゃと笑いました

マスク無しがいいわ~
私 本当に久しぶりに口紅を付けました(#^.^#)
今後は遊びばかりではなく
少しでも社会のお役に立てるように経験を積みたいと思います


conv0086
豊島区立「トキワ荘マンガミュージアム」
コロナ禍で遅れていましたが
7月7日にオープンしました
テレビでも放映していましたね



花咲き公園
「南長崎花咲き公園」
バス通りに面した花咲き公園に
「トキワ荘のヒーローたち」の記念碑が建ち
公園の南側にマンガミュージアムがオープンしました



ミュージアム
トキワ荘マンガミュージアムは
手塚治虫氏・赤塚不二夫氏・石ノ森章太郎氏・藤子不二雄両氏ら
昭和を代表するマンガ家が若い時代を過ごし
1982年に解体された伝説のアパート
「トキワ荘」を当時の姿を忠実に再現したミュージアムです



トキワ荘入口
「ミュージアム入口」
入館は無料で当面は事前入館予約制でしたが
今日は人出が少なく予約なしで入れました



二階廊下
ミュージアム二階に
各々の漫画家の部屋が忠実に再現されています
廊下の両側に部屋が並んでいます



炊事室
「共同炊事場」
ガスコンロがいくつも並び
調理台にはトキワ荘の住人がよく行った
中華料理屋「松葉」の名入りのラーメンどんぶりが置かれ
カルピスの懐かしい模様の瓶が見えます



トイレ
「トイレ」



室内再現
漫画家たちがこの四畳半の部屋で
仕事をして食事をして遊んで毎日を過ごしていたのでしょう
テレビもステレオも懐かしい!
火鉢でお餅を焼いていたようですね
オードリーヘップバーン可愛かったわ



窓
窓の外の景色は
当時のままの景色を絵で再現しています
窓が開いているように見えますが絵なのです
リアルね~



企画展示室
一階は企画展示室になっています

豊島区では
トキワ荘マンガミュージアムを中心に
回遊性を持たせたマンガによる街つくりを進めていて
トキワ荘通りに色んなマンガ施設が集まっています




跡地
「トキワ荘跡地モニュメント」
老朽化のため1982年に取り壊されたトキワ荘
現在は一般の会社の建物が建っています



松葉
トキワ荘の漫画家たち御用達の
中華料理店「松葉」
跡地の近くに今でも営業しています
当時一杯40円のラーメンの出前を良くとっていたそうです



マンガステーション
「トキワ荘マンガステーション」
マンガミュージアムと同時に開店し初めて入りました
トキワ荘ゆかりのマンガ家たちの作品を
手に取って閲覧できます
所蔵の多さに驚きました



お休み処
「トキワ荘通りお休み処」
二階にはトキワ荘の部屋が再現され
一階ではミュージアムグッズが購入できます

この辺りは豊島区ですが
我が家からは意外に近く自転車で20分ほどの距離です
マンガ文化に浸りながらの散策でした


conv0012
私の花友さんで
寄せ植えを得意としている方がいらっしゃいます

草花の魅力を120%引き出す寄せ植え
まるで絵を描くように・・・




ヒューケラ
狭い場所には
ハツユキカズラを横に這わせ
ヒューケラの鉢を並べ
黒っぽい葉のニューギニアインパチェンスがアクセントに




クレマチス
玄関先には
小さなクレマチスが蔓を伸ばしています




寄せ植え
小さなお庭には
寄せ植えの鉢がセンス良く置かれています
今回の寄せ植えの主役はコリウスのようです

ここのお宅はオープンガーデンになっていて
四季折々見せて頂いています



cut_asagao_wh2


先週見かけた花たちです


ノコギリソウ2
「西洋ノコギリソウ」
繊細な葉はノコギリのよう
花の一つ一つは小さいけれど
真上から見るとまるで大輪の花を思わせます



ホオズキ
鉢植えの「ホオズキ」は真っ赤!



デュランタタカラヅカ
「デュランタ・タカラヅカ」
紫色に白の縁取りの花が房状に垂れ下がった熱帯花木です



猫のヒゲ
「猫のヒゲ」
サルビアに似た白い花
花から伸びる長~い雌しべと雄しべが特徴です

今日もムシムシした梅雨空
梅雨明けは8月になってからのようです
ふ~~!


conv0164
光が丘公園へ行く途中や帰り道に
花の愛好家の方々の花壇を見せて頂くのが楽しみです




ノリウツギ
光が丘公園の花壇は何カ所かありますが
林の中に山野草を集めた小さな花壇があります
「ノリウツギ」
円錐形の白い花房は薄暗い林の中で目立ちます



シュウカイドウ
「シュウカイドウ」
古くから歌人や俳人に愛された花
憂いを帯びた花は風情があります
日陰がお似合い



クロアゲハ
「クロアゲハ」
ボタンクサギの花に来て
熱心に蜜を吸っていますが
花にとまっても羽は常に動いています


thKGNJ4ITE


光が丘公園を後にして
田柄川緑道を走ると花友さんともいえる
花の愛好家の花壇があり、前を通るとお寄りします



シラサギカヤツリ
一軒目のお宅は
渋いお花が特徴の花壇
私と同年配の女性が珍しい花を育てていらっしゃいます
「シラサギカヤツリ」
白く染まった苞が
シラサギが優雅に飛ぶ姿に似ています



フウセンカズラ
「フウセンカズラ」
巻きひげを伸ばしフェンスに絡んで繁茂します
紙風船のようにふくらんだ袋状の果実がぶら下がっています



黒法師
「黒法師」
茎の上に真っ黒な葉を放射状に広げ
冬に生長する多肉植物です
シックな見た目はインテリアとして人気です


ダリア
二軒目のお宅は和風の花が多いです
私より少し年上の男性が手入れされています
「ダリア」
小さめのダリアがお好きだそうです



撫子
「撫子」
最近の品種ではなく昔からの撫子
色が素敵!



マンデビラ
「マンデビラ」
咲き出したばかりの花
蕾が可愛い!



キャットテール
「キャットテール」
猫のしっぽのようなふさふさした真っ赤な花穂
愛嬌のある花ね



ぶどう
「ぶどう」
家の軒先に這わせた蔓にぶどうがいっぱい!
これから袋をかぶせるそう
手がかかるけど甘いぶどうが生るそうです

自転車で走っていて
花が取り持つ縁であちこちに花友さんが出来ました
お花談義に花を咲かせ
時には種や苗を頂くこともあります
頂いた苗に花が咲くと写真に撮ってお見せします
喜んでくださいます
サイクリングにはこんな楽しさもあるんですよ


↑このページのトップヘ