youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2020年08月

conv0012
1926年(大正5年)に営業を開始した
「豊島園」
今日8月31日午後9時に閉園し
94年の歴史に幕を降ろしました




入口1
最後の日の「豊島園」午後1時半頃
名残り惜しくて様子を見てきました
入場券はないので入口だけね
豊島園駅から園内までは若い人で溢れています



入口2
ソーシャルディスタンスを保って
静かに入場していきます
「94年間愛してくれてありがとう」の看板が迎えています




風船
見慣れた遊園地の装飾
今日で見納めね



花壇
花壇のお花
四季折々訪れてもいつも季節の花が綺麗でした
あじさい園はこの10年間毎年通いました



ありがとう
ありがとう!の気持ちでいっぱいです



1907
豊島園最後の夜は花火が揚がると
テレビで知りました
昔は家から豊島園の花火が見えましたが
今はもう全然見えない



花火 (1)のコピー

花火 (2)のコピー
家から近い石神井川へ行けば見えるかもしれない
自転車で走って・・・
練馬総合グラウンドのあたりまでは走れましたが
人出が多くてもう前へ進めない
グラウンドの近くの橋の上から見ました
(花火の写真は動画から切り取ったものです)





夜8時からわずか7分間の天体ショーでした
あっという間!!!
生まれて初めて花火の動画を撮りました
7分間全部撮りましたが
2分に好いとこどりして編集しました
豊島園のありがとう!花火をご覧ください

この豊島園の跡地は
災害時の避難所を兼ねた公園と
ハリーポッターのテーマパークが出来るそうです
いつ頃出来るのかしら?
命があるかが問題です


conv0016
8月もわずかになりました
昨日の土曜日
小豆沢水上バス発着所から
小豆沢公園~薬師の泉庭園を回ってきました




小豆沢公園
「あずさわスポーツフィールド」
令和2年7月24日(スポーツの日)に
リニューアルオープンしたまだ新しい施設
とってもカラフルで開放的な広場です



テニスコート
テニスコートや野球場は
ついつい足が止まって覗きたくなります




庭
「薬師の泉庭園」
中山道のすぐわきにある
江戸文化のかおりを持つ庭園です
泉が湧き溢れる木々は色濃く
小さいながらも深山幽谷の世界です



池
江戸名所図会などの挿絵に描かれた
薬師の泉
その面影を小さな池や石灯籠で見ることができます



酔芙蓉
庭の隅には酔芙蓉が咲き
華やかさを演出しています



オミナエシ
「オミナエシ・ススキ」



シュウカイドウ
水の流れが涼しげ!
流れに沿って秋海棠が咲き趣万点です



シュウメイギク
八重のシュウメイギクが一輪
秋の風情が感じられます

板橋区小豆沢地区は
私にとって未知の地でした
コロナのお陰とは思いたくないですが
今月2度訪れました
薬師の泉庭園は気に入りました!
秋にはまた出かけたいわ
4.685歩でした


conv0027
先日「小豆沢公園」へ初めて行った時
小豆沢公園から北へ坂を下っていくと
水上バス・小豆沢発着所があることを案内板で知りました
板橋区に水上バスの発着所があるとは・・・びっくり!

今日は日差しが強くサイクリングには厳しいお天気
でも木陰の風は少し秋の風らしい感じ
午後から自転車で出かけました



新河岸大橋
家から北東に走って
板橋区小豆沢の新河岸川に架かる新河岸大橋へきました
淡いグリーンの橋
橋の手前は板橋区小豆沢
橋を渡ると北区浮間
新河岸川が区境になっています



小豆沢船着き場
新河岸大橋の手前右側を
新河岸川沿いを少し歩くと
「水上バス・小豆沢発着所」がありました
河岸にコンクリートで出来た桟橋が長く伸びて
船の到着を待っているような・・・




乗り場
発着場から
ぐるりとカメラ回して撮ってみました
水辺は気持ちがいいわ
水上バスの発着は日曜日と祝日だけだそう
土曜日はなし・・・残念でした



広場
船着き所の土手の上は
「小豆沢河岸広場」
広場の周りは桜の木が植えられ
春はお花見どころでしょうね
ベンチに掛けて一休み



新河岸大橋を渡って
「新河岸大橋」を渡って北区へ入ります
新河岸大橋の欄干のモニュメントは
板橋区の花の「ニリンソウ」だわ




橋の上から
新河岸大橋の上から見た
「小豆沢発着所」
河岸で裸で日光浴をする人がいるだけ



対岸から
対岸から見た板橋区側
静かな水辺です



供養塔
「浮間渡船場跡の供養塔」
今の船着き所の対岸(北区側)にあります
花壇の中に4基の供養塔があり
旅人が無事に川を渡れるよう願いを込めて
建てられたと書いてあります
昔はここに荒川の船着き場があったそうです




花
供養塔のある花壇は
夏の花が咲き誇り供養塔の存在をアピールしています

荒川の少し南を流れる新河岸川
埼玉県川越市で新河岸川と名前が変わり
北区の岩淵水門先で荒川に合流します
合流地点は一度行きましたが
もう少し涼しくなったら
また荒川合流地点まで行ってみたいです


conv0054
このところのにわか雨で
公園の花壇は潤いを取り戻し
夏の花たちは元気いっぱい!
バタフライガーデンでは
花に群れる蝶の姿が・・・



酔芙蓉
「酔芙蓉」
午後1時半頃の八重の酔芙蓉
ほんのり頬を染めて・・・乙女のよう
朝には白かった花が昼頃にはほんのりピンクに染まり
夕方にはさらに濃いピンク色へと変化していきます



ノウゼンカズラピンク
「ピンクのノウゼンカズラ」
爽やかな色合いね~
正式名は「ポドラネア・リカソリアナ」というそう



サンセット
キバナコスモス「サファリ・サンセット」
真っ赤な八重のコスモス
真夏の太陽を思わせます



カワラナデシコ
「カワラナデシコ」
秋の七草のひとつ
清楚な花をつけ平安の頃より愛されています
別名 大和撫子



ヘリオトロープ
「ヘリオトロープ」
ハーブとしてよく知られ
バニラに似た甘い香りを放ち香水の原料になります



ヒョウモン蝶
珍しい紫色の花
ヘリオトロープを見ていたら
ツマグロヒョウモンの女の子がヒラヒラとやってきました



恋の季節
あら~男の子もきたわ
追っかけっこが始まりました
恋の季節のようね



アゲハ
オシロイバナには「アカボシゴマダラ」蝶
花は夕方からしか咲かないので待っているのかな?

お花が咲けば蝶がやってきます
蝶は改良された園芸品種より野草を好み
色の種類にも好みがあり
赤や紫色がお好みだとか
暑くても夏の花壇は賑やかです


conv0005
光が丘公園~四季の香ローズガーデンを回っての帰り道
秋の陽公園の前を通りました
子供たちが植えたもち米の稲は実っているかな?



長屋門
秋の陽公園の入口は
立派な農家の長屋門をイメージした造り
花壇の花が額縁に収まっているような眺めが好きです



コスモス
花壇にはキバナコスモスが満開
黄色や橙色のコスモスは夏の花の元気印の象徴ね



日日草
キバナコスモスの足元を飾る
「日日草」
初夏から晩秋まで咲いています



長屋門2
秋の陽公園は
区内唯一たんぼのある公園
かってこの辺りは豊かな水田地帯であったことを
しのばせようと造られました
近隣の児童が植えたもち米が実っています



稲穂
稲穂はこうべを垂れ
秋の収穫を待っているようです
子供たちは網を持って何を追っているのかな?




トンボ
あら!
シオカラトンボを見っけ!
子供たちに見つからないようにね~



450-201707012315409322

秋の陽公園を後にして
気ままに気の向くままにポタリング
田柄川緑道や街中を走ったり買い物もして
お花を見かけるとストップ!



ノーゼンカズラ
「ノウゼンカズラ」
暑い盛りにひときわ目を引く
濃いオレンジ色の花
夏の初めからまだ咲いています



ブーゲンビリア
「ブーゲンビレア」
熱帯各地で親しまれているつる性の熱帯花木
美しい苞と白い小さな筒状の花
丈夫で長期間咲いています



オクラ
オクラの花に似ていますが
花が大きいので
「トロロアオイ」かもしれません
花オクラとも呼ばれるそうですが
ふんわりとした大きな花でした




シュウメイギク
「シュウメイギク」
秋に菊に似た花を咲かせます
シュウメイギクが満開になる頃には
さすがに涼しくなっていることでしょう

この日(8月23日)は雲がでて
陽射しが柔らかく夏にしては行楽日和
3つの公園を自転車で回って
4.953歩でした


↑このページのトップヘ