youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2020年12月

conv0118
2020年もあと数時間で暮れていきます

今年は寺社を訪れる機会多かったです
たくさんの立派な鐘楼の中で
大晦日に聞いてみたいと心に残った鐘があります
それは「禅定院」(練馬区石神井町)の鐘楼です
茅葺の鐘楼の鐘はどんな音がするのでしょう


もみじ
大晦日に綺麗なもみじの紅葉
びっくりです
今年最後の買い物に出て通りかかった
江古田の森公園の妙正寺川沿いで華やいでいました



落ち葉
江古田の森公園の中は
落ち葉の絨毯があちこちに広がり
これはまた違った趣があります



紅葉
ドウダンツツジの紅葉の中で
菜の花畑に菜の花がぽつんと咲いて寒そう


カモさん
小さな池にはカモさんが二羽だけ
蜜を避けて?


芽吹き
落ち葉の中から春の芽吹きが・・・元気よく



現代っ子
現代っ子は静かな公園内でこの姿



水仙
春を告げる水仙が咲き
元気づけられます


ジョウゼツラン
「キミガヨラン」
壺形の白い花が下向きに咲き
少し赤味が帯びています

今年は最後の日まで公園を歩いていました

OIP (2)
年越しそばを家で主人と二人でつるつる

恒例のお正月二日の家族揃っての新年会は
中止にしました
孫たちが大きくなって
全員集まれるのはお正月しかないので
本当に残念です

OIP
今年も私の気ままな拙いブログをご覧くださって
ありがとうございました
心から感謝申し上げます
来年もよろしくお願い致します

img_2_m



conv0043
今朝は久しぶりの雨降り
公園の花壇が乾燥して花たちがかわいそうでしたが
この雨で喜んでいることでしょう

今週の街中の師走風景
コロナ禍でも冬の花は綺麗に咲き癒されます


田柄川緑道
田柄川緑道の小さな花壇
冬用に植え替えられています


花壇の花
葉牡丹・カワラナデシコ・ガーベラ
季節がわからなくなりそう
寒さに強い品種に改良されたものでしょう


菊1
今年は菊花展を見ることができませんでした
田柄川緑道沿いのお宅に
こんなにたくさんの菊が咲いていました


菊
柵から顔を出して咲く菊の花
優しい色ね~


不動明王
「不動明王坐像と敷石供養塔」
石神井川沿いに建っていていつもお花がいっぱいです
小さな不動明王像は
文政4年(1821年)に旧下練馬の念仏講中が
建立したものだそうです


コキア
テニスコートのフェンスに掛けられているのは
コキア
昔はこうして干してほうきとして使ったそうです
こころ和む風景ね



大根
畑に吊るされている干し大根
練馬大根かしら?


winter-border004



満月
「コールドムーン」
今夜は2020年最後の満月です
厳しい寒さの中で見える満月はコールドムーンと呼ばれます
午後9時頃
玄関先で撮った満月です
風が強く雲の流れが早くて・・・
雲が切れると一瞬明るくなり見事な満月が見られました


gettyimages-94121541-612x612
今年も後二日になりました
お天気が続いて助かります
買い物の帰りに
花友さん宅のハンギングバスケットを見せて頂きました




ハンギング
素敵でしょ!
四季折々
季節の花を使って一年中綺麗なハンギングを作られて
いつも感心しながら見せて頂きます

ハンギングバスケットは
イギリスから広まった草花による空間装飾法で
花壇や庭がなくても
草花たちが元気に咲く姿を身近に楽しめます




ヒューケラ
鉢植えのヒューケラ
葉色のバラエティーが豊富




オキザリス
「オキザリス」
大株に育ったオキザリスが可愛いです

このお宅の庭は地植えの植物は少なく
鉢植えの花を季節ごとに育てて配置して
まるで地面に絵を描くような感じでセンスを問われます



庭の花

今年は何事も控えめで
我が家の庭も寂しいです


葉牡丹
お正月用に
葉牡丹・ビオラ・ミニシクラメンを
庭に植えて
鉢植えにもして玄関先に飾りました
耐寒性のある花たちは冬中元気です



ホオズキ
ホオズキはこんな姿に



オモト
オモトに真っ赤な実が付きました
葉は一年中緑で美しく
家が代々栄えるようにと庭に植えました


ツワブキ
ツワブキの花は終わりましたが
斑入りの葉は今が一番美しいです

すっかり冬枯れの庭になってしまいましたが
毎日庭に出て眺めて
手入れをするのは趣味の一つで楽しいです

conv0030
赤塚植物園のまわりは
板橋十景に選定されている心に残る風景が多いです
板橋十景は
板橋ならではの自然景観・都市景観・名所・旧跡・イベントを
区制施行70周年を記念して平成15年に選定されたものです



乗蓮寺
「乗蓮寺・東京大仏」
板橋区一番の初詣の人出があり
今年1月4日に訪れた時はすごい行列で近づけませんでした
今回ゆっくりお参りしました
新年を迎える準備が整いお正月を待つばかり



東京大仏
「東京大仏」
薄いお召し物だけで寒そう!
東京大仏(乗蓮寺)は板橋十景に選定されています



溜池
「溜池公園」
木々は葉を落とし冬景色になりました
溜池公園周辺の
梅林・郷土資料館・板橋美術館・赤塚城址公園を含めて
板橋十景に選定されています



柿
柿が色づき
野鳥たちの冬の恵みのようです


美術館
「板橋美術館」もこの地にあります
面白い絵を描く「レオ・レオーニ」
イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家
たくさんの顔を持つアメリカの芸術家です
美術館の建物に作品の一部が見られました
ネット予約しないと入れないそう




茅葺住宅
郷土資料館の中庭には
江戸時代後期に建てられた
古民家(旧田中家住宅)が移築されています




農業園
「農業園」
板橋十景に選定された景観が楽しめるこの場所に
今年出来た農業園
もう一つ楽しむ場所が増えて嬉しい限りです



サツマイモ
保育園児や小学生が植えた
サツマイモ畑
ビニールで覆われて大切に育てられています
春の収穫が楽しみね



ワイルドストロベリー
「ワイルド・ストロベリー」
白い花と赤い実が一緒になって・・・



かぼちゃ
ミニカボチャ・プッチーニは観賞用
無花果の実が色づいてびっくり!


唐辛子ハバネロ
「唐辛子・ハバネロ」
絵になる唐辛子
とっても辛いそうですよ

今月も赤塚植物園界隈を巡ることが出来ました
毎日が緊張の連続ですが
少しのやすらぎを求めて出かけてきました

conv0005
昨日 「はつらつセンター」での
パソコン相談会を最後に今年の予定はすべて終わりました
コロナ禍で元気に過ごせたことに安堵しています

今日は風もなく穏やかな日曜日
月に一度は出かけているお気に入りの赤塚植物園まで
サイクリング&ポタリングで


管理棟
建て替え中だった
赤塚植物園の「管理舎」は完成していました
新しい管理舎は木造の平屋建ての落ち着いた雰囲気です



センダンの実
「センダン」
見上げるような大きな樹に
白い実が鈴なり


ススキ
ススキの穂が白くなり
園内は冬枯れの風情です


ウバユリ
「ウバユリ」
種を飛ばし終わって殻だけが残っている
もの哀しい風情ね


クチナシ
「クチナシ」
橙褐色の果実が綺麗!


南天
「南天」
南天の葉が紅葉して複雑な色合いです
赤い実は鳥たちにプレゼントして少なくなりました


ヤブコウジ
「ヤブコウジ」
万葉集で山橘の名で詠まれている
古くから愛されている植物です
十両とも呼ばれます


ヒヨドリジョウゴ
「ヒヨドリジョウゴ」
冬枯れの園内に
真っ赤な小さな実が美しく映えています


福寿草
「福寿草」
小石かと思ったほど小さな芽が出ています

この時期の植物園は
綺麗な花が見られた春や夏が過ぎ
実りの秋を迎えた後の
ひっそりとした冬枯れの感じ
またやってくる春のために
しばし植物は大地の中でお休みです


↑このページのトップヘ