youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2021年02月

conv0034
可憐な山野草を
鉢植えで楽しんでいる花友さん
早春に咲く小さな山野草
毎年この時期のお楽しみで見せて頂きました




河津桜
鉢植えの河津桜
満開を迎えています
淡いピンクの花は大きく葉が一緒に出ています



椿
小さな椿の花



キブシ
「キブシ」
鉢植えの盆栽のようなキブシ
小さな房がぶら下がっている



雪割草
「雪割草」
春一番に雪をわって春の到来を知らせてくれます
その可憐な姿は小さな妖精のよう



福寿草
「福寿草」
黄色い花の傍に赤い福寿草が咲いています
秩父紅のようです




キバナ沈丁花
「黄花沈丁花」
鮮やかな黄色の花の沈丁花は初めて見ました

お花の好きな方の家の近くには
同好の士がいるものですね
花友さん宅の近所にはお花がいっぱいです


conv0054
お知らせを頂いていた
「ぐるっぺ光と花写真展」
今年は
いつもの会場が工事中でもあり
コロナ禍でもあるのでご案内状もなく開かれています



エリム春日町
「エリム春日町パークタワー」
春日町の交差点に建つのっぽビル
地上19階のタワーマンションの二階に
練馬区春日町図書館があります
この辺りはよく通りますが
タワービルに入るのは初めてです



ぐるっぺ
春日町図書館の展示スペースが会場です
「蜜を避け静かに花との対話をお楽しみください」
と書かれた目録が置いてあります

「ぐるっぺ光と花」は長年
素晴らしい花の写真を撮っている会で
私も所属していたことがあります
懐かしい方々の力作を楽しませていただきました


conv0057
江戸川公園から肥後細川庭園へ

肥後細川庭園は
江戸末期には清水家や一橋家の下屋敷
幕末には
熊本54万石の細川家の下屋敷でした
細川家下屋敷の庭園の跡地をそのまま庭園にした
池泉回遊式庭園です



松聲閣
「松聲閣」
入口にある松聲閣は
元細川家の学問所だった建物で
大正時代の建造物です




池
長屋門をくぐると
池泉回遊式の庭が一望できます

目白台台地が
神田川に落ち込む斜面地の起伏を活かし
変化に富んだ景観が美しい庭園です



枝垂れ梅
白梅枝垂れが満開!
松の雪つりとマッチして見事な景観です




ししおどし
「ししおどし」
竹筒の水が満杯になって傾き
戻る際に石をたたく音がします・・・結構大きい音ですよ
なだらかな流れとなって池へ注ぎます




鴨
池の周りを巡りカモさんに会いました




椿
「椿」
日本情緒を漂わせひっそりと池の周りに咲いています

目白近辺は
見どころ満載で楽しいサイクリングでした
帰り道はお店を覗いて買い物をして・・・



椿5


今日は北風が冷たく寒い一日でした


月
今夜は満月!
2月の満月は「スノームーン」と呼ばれます
この時期に雪が降ることからでしょうね
今夜8時ごろ
玄関先の東の空に見えた満月
雲一つない冬空に輝いていました


conv0128
目白通りは
江戸時代に江戸と清戸(清瀬市)を結んでいた
清戸道が起源
練馬区を通る目白通りは
十三間道路と呼ばれている時代がありました
目白通りを江戸川橋まで行ってみました


和敬塾
「和敬塾」
旧細川侯爵邸の敷地に造られた
男子大学生の学生寮
首都圏の大学に通う大学生約400名が共同生活を送っています
本館や庭園が
東京都有形文化財に指定されています



教会
「東京カテドラル聖マリア大聖堂・カトリック関口教会」
椿山荘の前にあるユニークな建物は
建築家:丹下健三氏の設計とか


河津桜
文京区「江戸川公園」
目白通り沿いから神田川に沿った細長い公園です
椿山荘から江戸川橋駅まで続いています
満開の河津桜が迎えてくれました


花壇

パンジー
桜並木に沿った細長い花壇は花盛り!



江戸川公園
江戸川公園は
関口台地の南斜面の神田川沿いに広がり
様々な景色がパノラマのように展開し楽しいです



小川
石組の小さな池は
神田上水取り入れ口に使用されていた
大洗堰を復元しています



神田川
江戸川公園から神田川へ出ました
椿山荘の冠木門からお庭へと思いましたが
コロナ対策で冠木門は閉鎖中でした



関口芭蕉庵
「関口芭蕉庵」
松尾芭蕉が1677年から三年間この地に住み
神田上水の改修工事にたずさわったそうです
芭蕉を慕う人々により芭蕉庵が建てられました

椿山荘のお庭が見られなくて残念でしたが
この先の肥後細川庭園へ行ってみます


conv0096
「目白庭園」を後にして
すぐ近くにある
目白の森へ



目白の森
豊島区立「目白の森」
閑静な目白の住宅街で
里山の雰囲気が味わえる貴重な森です
園内は邸宅だった頃の樹木が残され
自然豊かな憩いの場となっています
野鳥の群れが来ていました



かえる池
森の中の小さな池
蛙の鳴き声がすごい!
覗いてみると
池の中は蛙だらけ



クリスマスローズ
花壇には
「クリスマスローズ」の姿

この目白の森は
コロナ禍になってから出会った森ですが
気に入ってしまいました



目白駅
目白庭園や目白の森から少し南へ向かうと目白通りに
目白通りは
練馬区が終点の道路なので親しみがあります
ちょっと西に向かうとJR「目白駅」です



目白橋
目白駅前の「めじろばし」
下にはJR山手線と埼京線が走り
北側には黄色い西武池袋線の電車が見えます



日本女子大学
「日本女子大学」の前を通り



目白台公園
文京区「目白台運動公園」
災害時の防災拠点を兼ねた緑豊かな公園
野球場やテニスコートもあります
ここのテニスコートは
40代~50代の頃
テニスの練習試合に何度か来たことがあり懐かしい所です
あの頃は田中角栄さんのお庭が
テニスコートから見えたような記憶が・・・



椿山荘
「ホテル椿山荘東京」
関口台地に位置し神田川に面した椿山荘は
椿が自生する景勝地だったため
椿山と呼ばれていたそうです
江戸時代は久留里藩黒田氏の下屋敷でした
塀際の河津桜が満開で綺麗!



conv0077
暖かい日が続いたと思えば
今日はまた冬の陽気で風が冷たい一日でした
今日のサイクリングは目白方面へ


目白庭園
「目白庭園」
伝統的な技と匠を結集した日本庭園です
池泉回遊式庭園を巡り
小さな自然に触れひと時のやすらぎです
梅の時期は初めてきました



水の流れ
小さな滝からの流れは
緩やかな流れとなって池に注ぎます



紅梅
池の周りの散策路には
紅梅が池に姿を映すようにして咲いています



白梅
形よく剪定された大きな白梅
青空に映えています



撮影
結婚式の先撮りでしょうか
美男美女の登場に思わずシャッターを押しました
末永くお幸せにね~



池2
深山を思わせる滝や石組
水上に浮かんだ雪つりや六角浮見堂
池のカモさんや錦鯉には
この景色がどう見えるのかしら?


木瓜
真っ赤な木瓜の花

澄みきった冬の陽ざしが
庭園内の風景を明るく映しだしていました


↑このページのトップヘ