youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2022年06月

conv0252
昨年訪れた
「ムーミン谷とアンブレラ」
カラフルなアンブレラスカイに魅せられて
今年も友人たちと出かけてきました


レビュー
西武鉄道の特急「Laview」
最寄り駅は止まらないので
池袋まで行って
黄色の新型特急「Laview」に乗って飯能駅まで

車窓が大きく開け
ゆったりとしたシートは乗り心地満点
贅沢なリビングって感じ

一度乗ってみたかったので
嬉しい!

飯能駅から直行バスで10分ほど


宮沢湖
「メッツァビレッジ」
湖の周りは緑の森
北欧をイメージした自然いっぱいの心地よさ


広場
「芝生広場」
炎天下ではさすがに誰もいない
景色に溶け込んだベンチが寂しそう

入口
「ムーミンバレーパーク」入口
豊かな自然に囲まれた森は
ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や
ムーミンの物語を追体験できるアトラクションが登場します

傘赤
夏のイベント
「ムーミン谷とアンブレラ」
約200mのカラフルなアンブレラの回廊の始まりです
アンブレラの色のグラデーションは毎年違います

傘赤~黒
日本最大級の傘は1.200本
「ムーミン谷へのふしぎな旅」をモチーフにしたデザイン
カラフルなアンブレラスカイが続きます

傘ブルー
カラフルな傘のグラデーションは
赤~黒~緑~黄色~青
全ての色が登場しています
遊歩道にも傘のグラデーション

心のビタミンチャージ!
夏空に舞う小さな気球も見られ
ほんのひと時
現実社会を忘れていました

conv0001
真夏のローズガーデンは
どんななのでしょうか
あまり訪れたことはありませんが
光が丘公園からの流れで寄ってみました


ローズガーデン
香りのローズガーデンは
香りの異なる6種類のばらを
分けて配置したガーデンです

薔薇
真夏の太陽を浴びて
四季咲きのバラの花が眩しそうに咲いています
微かな香り!
花は小さめです


ゆり
大型のユリの花が所々に咲き
季節の移ろいを感じることができます

オニユリ
「オニユリ」
小型のユリですが形が豪快
赤鬼の顔に似ているとか


ノーゼンカズラ
「ノウゼンカズラ」
暑い盛りにひときわ目を引く
オレンジ色の花
夏の間中咲き続けてくれるでしょう


ノコギリソウ
「ノコギリソウ」
葉がのこぎりの刃のようにギザギザして
白い小さな花が集まって咲き
涼し気な感じ


クレマチス
「クレマチス」
つるを伸ばして花を咲かせ
バラのパートナープランツとして親しまれています


キキョウ
「キキョウ」
万葉の時代から鑑賞されている花
秋の花と思いきや真夏にこの姿です

カラー
「タチアオイ・カラー・アゲラタム」
ローズガーデンには
バラの花の他にも
たくさんの花が植えられ四季折々楽しめます


相談所
「花とみどりの相談所・講習棟」
ローズガーデンの脇に
リニューアルされた建物
ガンガンに冷房されて・・・
ほっと一息です


conv0012
連日の猛暑で
梅雨は何処へ?って感じでしたが
気象庁は6月27日
九州南部、東海、関東甲信で
梅雨明けしたとみられると発表しました

関東甲信は統計がある1951年以降
最も早い梅雨明けで
6月の梅雨明けは2例目ですって
それにしても暑い!!!

朝から暑いと
家に閉じこもりがちで運動不足気味
思い切って午後からサイクリングに・・・


コスモス
木陰を選んでゆっくりゆっくり
自転車は風を切るので気持ちがいいですよ

月に一回は走るいつものコース
田柄川緑道には
もうコスモスが咲いていました

秋の陽公園
「秋の陽公園」
長屋門の前に咲くブルーの紫陽花
爽やかに涼し気に


田んぼ
子供たちが田植えを楽しんだ
「田んぼ」
田園風景を復元して
ため池やせせらぎが整備されています


光が丘公園
「光が丘公園」
緑の樹々が茂り
涼し気な日陰をつくってくれています
木陰や陽当たりに寛ぐ人たちの姿がほんの少しだけ

アナベル
樹木の陰で咲く
アナベルやルリタマアザミ
気持ちよさそうに咲いています


エキナセアルドベキア
テニスコート脇の「花壇」はカンカン照り!
「エキナセアやルドベキア」が元気いっぱい!
夏の花はお日さまが大好きね~

ヤブカンゾウ
「ヤブカンゾウ」
八重咲きのオレンジの花
春の若い葉や蕾は山菜にして食べられます

銀杏並木
「銀杏並木」
銀杏の葉が横に広く茂り
緑の並木道になっています
下を走るのも良し
樹木の下のベンチにかけるも良し


メジロ
深い森の中の野鳥たちの
「水飲み場」&「水浴び場」
水場の上の枝に止まって
メジロやシジュウカラが盛んに下を見ていますが
水浴びはしない
まだ冷たいのかしら?

遊歩道は樹木の下が多いので結構涼しいです
暑さはまだ大丈夫!
バラ園へ行ってみます


conv0015
東京五輪の選手や来日する人々を
花で歓迎する
おもてなしの準備のために植えられた
日比谷公園のユリの群植
今年も綺麗に咲いていました

ユリ園1
雲形池から少し歩きだすと
花より先に素敵な香りが漂ってきます
ゆりの花は
私の背丈より高~い!
28種のゆりが植栽され8分咲きといったところ

ハイブリッド ティセント
真っ白な大ぶりのはなびら
ハイブリッド系「ホワイトアイズ」
気品と貫禄あふれる花姿
ぷっくりとした蕾が愛らしいです

ゆり黄色
淡い黄色に赤みが入って華やか!
ハイブリッド系「ニンフ」
今が見ごろです


百合ピンク
ピンク系の大形ゆり
ハイブリッド系「コンペティション」

ザクロ
小さなザクロの花とコラボして

陽当たりの良い
ゆりの生育環境に適した地が選ばれて
カレーで有名な「松本楼」の手前まで続いています

ランチ
「松本楼」でランチ
この日は少し並んだだけで入れました
緑あふれる森のレストラン
風が吹き抜けて気持ちがいいです
おしゃべりしながら長~~いランチを楽しみました

ミッドタウン日比谷
「東京ミッドタウン日比谷」
映画館や劇場に隣接した地区に2018年に開業しました
ちょっと中を覗いて
有楽町駅までぶらり
おしゃべりしながら楽しい街中散歩でした


題字
梅雨空の一日(23日)
昨年から始まった日比谷公園のユリ園
今年はどうかな~
一年ぶりに友人たちと訪れました


ベコニア
都心の真ん中にありながら
草や木や花など
自然に触れられる緑の公園です
入口の花壇はベコニアが咲いて
welcome!ガーデン!


心字池
「心字池」
元は江戸城のお濠の一部だそうで
池に落ち込んだ石垣がお濠の名残りを留めています

「ペリカン噴水」
樹々に囲まれた小さな噴水池の両端に
2匹のペンギンが向かい合って
口から水が流れ出ています
welcome!

アガパンサス
「アガパンサス」
濃い紫色の花が咲き出して
涼感たっぷり!


クロアゲハ
アガパンサスにクロアゲハがきて
盛んに吸蜜しています


薔薇
「第一花壇」
日比谷公園のシンボルとして造られた
明治36年開園当時のデザインの幾何学模様の洋風花壇です
春バラがまだたくさん咲き残っています

噴水
「大噴水」
公園のほぼ中央
木々に囲まれた噴水広場にあり
12mほどの高さまで水しぶきが上がるそうですが
節電のため?
控え目にしぶきをあげています


梅雨空の日比谷公園は静かです
アゲハチョウと大噴水
どちらも控えめでした


花壇2
「第二花壇」
広い芝生の周りのバラ園
大輪の品種が多いようです


スズカケ
「スズカケの木」
迷彩柄のような模様の樹皮
大きな手のような葉
球形のたんぽぽの綿毛のような花が咲いています

鶴の噴水
「鶴の噴水」
明治36年頃に造られた
日本で3番目に古いものだそう
大きく羽ばたいた鶴の口ばしから
真っすぐに水しぶきをあげています


カメ2
鶴の噴水のある
「雲形池」
カメさんは甲羅干し
黄金の鯉が悠々と・・・
ベンチに掛けて見ていたら
雀さんが餌を頂戴!って
ごめんね~何も持ってないよ~

雲形池の周りにユリ園があります
今年のユリはどうでしょうか
行ってみましょう

↑このページのトップヘ