youko2のブログ

美しい花たちを被写体に季節の移ろいを楽しんでいます。

2023年02月

題字
赤塚植物園から
いつものコースを走って
「溜池公園・梅林」へ

梅林
赤塚溜池公園の梅林は
太公望で賑わう溜池の南に広がる
小さな梅林です
紅白の梅が満開!

ため池
ため池の周りも
梅の木が植えられ春うららの風景です

紅梅2
溜池公園の道を隔てた所に
小さな公園が出来て
若い梅の木が植えられています

まだ剪定されずに
のびのびとした枝に紅白の梅が綺麗!

ソシンロウバイ
「ソシンロウバイ」
まだ若木ですが
たくさん植えられていて
透き通るような花を咲かせています

資料館
板橋区立「郷土資料館」
板橋区の
歴史・文化・自然などの資料を保存、展示しています

入口には
ミニ雛壇が飾られています
可愛いね~

お雛様1
敷地内にある
藁葺屋根の古民家・旧田中家住宅では
ひな人形展開催中

大正期~昭和10年代~30年代~40年代の
7段飾りがずらりと並んでいます

江戸時代の雛
幕末~明治期の内裏雛が飾られています
歴史を感じるお衣装やお顔

時代によって男雛と女雛の置く位置が異なるなど
興味深いです
畳に座ってじっくりお雛様と対峙して
拝見してきました


題字
早いものですね
もう2月もわずかになりました

三寒四温の日々
暖かそうな日には出かけるようにしています

毎月一度は出かけている
「赤塚植物園」
あら!今月はまだ行っていなかったわ~

植物園入口
二月の赤塚植物園
入口の大きなユリノキも
広場の大木もすべて葉を落とし
冬の太陽が射し込む明るい園内です

枝垂れ梅
枝垂れ白梅が咲き出して
春の訪れを感じさせてくれます

椿
侘助椿?
小さな花を控えめに咲かせています

福寿草
1月に訪れた時は
蕾が土の中から出たばかりだった
「福寿草」
こんなに咲いています

水仙白
水仙は少なくなりました

山野草園
冬枯れの山野草の小径
見渡してみた所
花は見えないわ

コウヤボウキ
「コウヤボウキ」
タンポポのようなピンクの綿毛が可愛い!

節分草
小さな小さな白い花
「セツブンソウ」
行き慣れた園内ですので見つけられました
枯れ葉の中から顔を出し
地面に這うようにして
健気な姿で咲いています

キクザキイチゲ
「菊咲き一毛」
白い菊に似た小さな花
まだ花は開ききっていない

雪割草
「雪割草」
雪国の春を彩る花
斜面の枯れ葉の中から茎を伸ばして可愛い

赤塚植物園の「山野草の小径」で咲いている
節分草・キクザキイチゲ・雪割草などは
スプリング・エフェメラルとも
春の妖精とも呼ばれる可憐な花たちです

落葉樹の林の中で
木々が葉を茂らせるまでの
春先の短い間に花を咲かせ
夏になると姿を消してしまいます
儚い命ね

セリバオウレン
「セリバオウレン」
小さな花火のような花
緑の葉は長く茂って種は面白い形

2月の赤塚植物園は
早春の花が咲き出しています
スプリング・エフェメラルに出会えて最高でした

conv0028
薄っすらと春の訪れを感じるこの頃です

厳しい冬を耐えてきた花たちが
ゆっくりと咲き出してきました

一年で一番寒い時期なのに
街中を歩いていると意外にたくさんの花に出会えます

アセビ
「馬酔木」
スズランのような可憐な花を咲かせていますが
「馬酔草」ともいわれるように
毒性を持った植物です

ボケ
「木瓜」
早春から咲き出す梅の花に似た花
棘があり剪定作業は大変です

クリスマスローズ
「クリスマスローズ」
清楚で気品のある花を咲かせます
「冬の貴婦人」と呼ばれる寒さに強い花

クリスマスローズ白
クリスマスローズの種類は多いですね
小さな花がたくさん咲く種類のクリローです

かんざきアヤメ
「寒咲アヤメ」
冬の寒い時期に花を咲かせる
珍しいアヤメです
花が葉より低い位置で咲く特徴があり
撮影しにくいです

ミニシクラメン白
「ガーデンシクラメン」
耐寒性があり寒い冬でも屋外で楽しめます
シクラメンを品種改良した種類で
冬の花壇の定番になってきました

ケールとヒューケラ
「ケール」と「ヒューケラ」
冬の鉢植えでアクセントとして植えられています
お花にはない色合いが魅力です

クロッカス
「クロッカス」
早春の陽を受けて
一斉に花開く様子は眩いばかりです
小さいながらも存在感があります

フキノトウ
「フキノトウ」
いつのまにか
ひょっこりと顔を出し
可愛らしい姿に春の訪れを感じます

庭の花

我が家の庭も
ほんの少し彩が増して
春の訪れが感じられるようになりました

紅梅家
庭の淡いピンクの梅が
一輪、一輪咲き出してきました
まだまだ蕾が主役ですが

沈丁花
鉢植えの「沈丁花」
紅色の蕾が日ごとに膨らんで
白い花が一輪ずつ咲き出して
もうすぐ玄関先は良い香りになるでしょう

ミニシクラメン家
鉢植えの「ガーデンシクラメン」
陽当たりの良い所に移したら
どんどん咲き出して今満開です

雪割草
「雪割草」
雪国の春を彩る花
数年前に頂いて庭の隅に植えました

夏の管理に気を使いますが
やっと健気な姿が見えました

小さな小さな花ですが
色も鮮やかでシベもくっきりしています
思わず~~可愛い!!!
叫んでいました

芝生も花壇も茶系統の冬の庭でしたが
少しづつ彩が増して楽しみになってきました

題字
中野区歴史民俗資料館のお雛様を見て
少し歩きたくなって
中野区平和の森公園に寄りました

自転車を預けて
さあ~~ウォーキング!

平和公園
旧中野刑務所跡地に出来た
比較的新しい公園です

スポーツセンターや広い芝生広場
300mのトラックは健康増進に寄与しています

トラックを歩くのは恥ずかしいので
トラックの周りの遊歩道を腕を振って歩きます

カモ
「水辺の広場」
池、州浜、滝を小川でつないだ広場です
池にはカモさんが二羽だけ

蝋梅
遊歩道の周りは植物が植えられ
四季折々楽しめます

芯が紅色のロウバイが咲いています

クロガネモチ
大木が赤い実で覆われた
「クロガネモチ」
花の少ない冬を彩る存在です

葉牡丹
花壇には
葉牡丹やパンジー
葉ぼたんは背伸びして・・・
踊る葉牡丹のよう

紅白倍
まだまだ若い
紅梅白梅の木にも花が咲きだしました

寒桜
「寒桜」が満開
寒緋桜と大島桜の交雑種といわれる寒桜
春の季節に先駆けて咲く
早咲きの桜です

寒さに負けず
健気に咲いて
散った花びらが花壇を染めて綺麗!

この日は午後からサイクリングをしながら
お雛様を愛で
ウォーキングして寒桜を楽しみました

寒い

今日24日は午後から雨の予報
遠出は諦めて
近場地元でランチ

ランチ
地元商店街にある老舗の中華屋さん
リーズナブルで美味しいとの評判です

あれこれ欲張って注文して
シェアーして美味しくいただきました

食後のコーヒータイムもすぐ近くのお店で
おしゃべりに花が咲いて
少し街中を歩いて5.729歩
雨は家に帰るまで降りませんでした

題字
毎年覗いている
中野区立歴史民俗資料館の
「おひなさま展」
今年で28回目になるそうです

会場
館内の二階部分
二部屋に分かれておひなさまが展示されています

中野区指定文化財の山崎家雛人形をはじめ
江戸時代から昭和20年代までの
おひなさま約40組が展示されています

古代雛
旧江古田村の名主
「山崎家」の6代にわたり伝わってきた
江戸時代の雛段飾りです

地味な色合いのおひなさま
お顔は瓜実顔(うりざねがお)の和風美人系ね

御殿雛
「御殿飾り」
平安時代の京都の寝殿を模した雛飾り

江戸時代後期から昭和にかけてつくられ
京都を中心に関西地方で飾られていたものだそうです

吊るし雛
「吊るし雛」
吊るし雛が始まったのは江戸時代といわれ
裕福ではない一般の家では
雛人形は高価で手に入らないものでした

お母さんやおばあちゃんが
手作りで小さな人形を作って持ち寄り
吊るし雛がつくられたということです

人形
「豆雛道具・胡蝶舞・浮世物」
おとぎ話や舞楽の一場面を現した人形飾り
伝統あるお雛様飾りは
何だか懐かしい!

常設展
「常設展示」
中野区の考古、歴史、民俗に関する
文化財を展示しています

宝泉寺の三重塔や中野サンプラザも見えます

我が家にはない「お雛様飾り」
いくつになっても女の子?
お雛様は恋しいものです
今年も見せて頂きました

↑このページのトップヘ